2,127 views

この記事は約14分で読めます。

【初心者でも簡単!】冬の岸釣りはカサゴ(ガシラ・アラカブ)を釣ろう!釣り方とノウハウを徹底解説

くまさんがカサゴを釣った

カサゴ(ガシラ・アラカブ)について知ろう

福浦岸壁でカサゴ釣り

カサゴ (笠子) は、関西ではガシラ、九州では地域によってアラカブとも呼ばれるカサゴ目フサカサゴ科の魚類で、最大サイズは全長30センチ程度。全長に対して頭部が締める割合が高い。

北海道南部以南の日本列島に広く生息していて、岸釣りで狙える水深から沖釣りで狙うような水深まで幅広く生息する魚で、いわゆる『根魚』であり回遊せず岩礁帯に定着している。

体色は茶系から赤などさまざまで、生息場所の水深が浅い場合は黒系の色、深いところでは明るい赤をしているといわれるが同じポイントで黒と赤のカサゴが釣れたこともあるので実態は不明だ。

生息域が重なるムラソイは、ひざ下程度(水深30㎝程度)ゴロタ場にも生息しているが、カサゴはどちらかというと水深が腰下以上(1メートル~)あるところを好んでいるようにも思える。(ムラソイとの縄張り争いに敗れているのかもしれないが、ただの好みなのかもしれない)

遊漁船やボート釣りなどで沖から釣る場合は、水深20メートル程度までの根回りがポイントの中心であることが多い。さらに水深が深いところにもカサゴ類は生息しているが、深場で釣れるカサゴはより大型に成長するオニカサゴやウッカリカサゴがメインになってくる。

ウッカリカサゴ

水深100メートル程度で釣れたウッカリカサゴ。

昼でも釣れるが、夜行性といわれている。日中は根のなかに潜み、夕まずめ以降はエサをもとめて底付近をはなれ中層付近まであがってくることもある。

食性は魚や甲殻類を好むようだが、筆者が釣ったカサゴは場所に関わらずイソガニ類を食べていることが多かった。

スポンサーリンク

カサゴ(ガシラ・アラカブ)釣りの魅力

カサゴ釣りの魅力は、引きの強さと穴釣りの面白さに集約される気がする。

魚体がずんぐりしていて、スタミナはないが瞬発力がある引きは毎度ドキドキさせられている釣り人が多いはずだ。穴釣りは、カサゴが潜む穴を探すという点で宝探し的な要素があり、面白い。

釣り自体は決して難しいものではなく、それこそ釣り糸と錘と釣り鈎と餌だけあれば釣れる魚でもあるが、釣果を上げるためには、エサやポイントを探す必要があるためこだわると燃える釣りでもある。

カサゴ(ガシラ・アラカブ)釣りの時期

シーズンというものが存在しないほど1年中釣れるが、活性は夏場のほうが高いようで、同じサイズでは引きなども強い。冬場は岸から釣れる魚が少なくなるが、このカサゴとメバルは堤防からでも釣ることができる。

カサゴ(ガシラ・アラカブ)釣りのタックルと仕掛け

カサゴは、エサ釣りだけでなくルアーでも狙うことができる。

ルアー釣りではライトソルトというジャンルに属していて、メバルやアジングなどと合わせて楽しまれている。魚がいれば釣れるため、メバルよりは難易度が低いこともあり、メバリングを楽しむ釣り人の癒し的な存在として愛されていることも多い。

エサ釣り

チョイ投げ

アオイソメ房掛けのジェット天秤

※カサゴを釣るときは、たらしは1㎝程度でよい

堤防釣りで、根がまばらなポイントで広くさぐる場合はジェット天秤に1~2本針を装着した仕掛けで釣るとよい。

根回りを見つけたらその場所で餌をシェイキング(ゆらゆら揺する)のも効果的だ。根がかりをさけるためには、針先がすこしねむっている(曲がっている)ものが最適だ。

胴付き仕掛け

胴付き仕掛けは、主に堤防際など足元の釣りで利用する。

錘が釣り鈎の下にあり、セッティングによっては捨て錘にもできるため根がかりに強いといわれている。釣り鈎の数は2~3本程度が一般的。根が荒い場所の場合はオモリ近くの釣り鈎をあえて取り外すのも効果的。

簡易胴付き仕掛け

スナップサルカンのスナップ側にナス型オモリをセットし、反対側に道糸とハリスを結ぶというシンプルな仕掛け。セッティングが面倒なときに行う方法で、根がかり時のコストも安い。

中通し錘仕掛け

サルカンで道糸とハリスを結ぶ。サルカン上部に中通しおもりをつける。

この仕掛けの利点は障害物に対して錘が視点になったときに餌のついた釣り鈎が潮に流され、根がかりせずカサゴにPRできる点と、カサゴにエサを食べられたときに違和感が少ないという点があげられる。

ブラー

ブラーは、赤や夜光カラーに塗られた錘にPEラインでフックが結ばれたもの。

錘と釣り鈎が一体化しているため仕掛けのセッティングが速い。錘の形状が平たいもの(西田式)は落下時にスプーンに近いアクションをするため、ただ餌を付けるよりは魚へPRするといわれている。

修復したブラー

改造したブラー。錘が平たいものはひらひらと落下する。

ルアー釣り

三宅島で釣れたカサゴ

カサゴをルアーで狙う釣り人も近年増えている。

ワーム

カサゴを狙う際に最も一般的なルアーはワームだろう。

ストレートワーム、カーリーテール、シャッドテイル、蟹や海老を模したものなど多くのワームで釣れる。甲殻類のニオイつきのものが高い釣果を出しやすいが、全くニオイがついていないものでも十分釣れることを考えると、カサゴはワームの動きと色にひかれてバイトしているのかもしれない。

釣り方は、ジグヘッドリグで釣るのが一般的だが、根が荒いところはテキサスリグで狙う釣り人も増えている。

プラグ

カサゴは根回りにいるため、プラグをつかう釣りは一般的ではないが、夏場のゴロタ場などでフローティングミノーやシンキングミノーをゆっくり引いてくると、バイトすることがある。

職業釣り師の村越正海氏は、ゴロタ場でカサゴの仲間であるムラソイをミノーで釣るのが好きだそうだ。ロッド操作くれぐれも根がかりには気を付けよう。

メタルジグ類

小型のメタルジグでタテの釣りをし底付近を釣るとメバルに混じってカサゴも釣れる。夜釣りというよりも昼間のカサゴをリアクションバイトで釣るような釣り方だ。

近しいルアーで、ラパラのアイスジグというものがあるが、カサゴ釣りにも効果的だがトレブルフックの位置が根がかりしやすいため、トレブルフックを外して釣る方法もある。

▶カサゴ釣りのエサについて

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
🌄PR - 随時更新、Amazonで使えるクーポン一覧はこちら
🌄PR - 週末の釣行に間に合うかも!釣具がすぐ届くAmazonプライム
🌄PR - ロッドとリールはAmazonと比較して賢く買おう

シェアでみんなに伝えよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!