マダコをもとめて江ノ島へ・・・

リンクにプロモーションが含まれます
江ノ島湘南大堤防
スポンサーリンク

先だってFMヨコハマのちょうどいいラジオに出演させていただいた話をしたが、そのときにMCの光邦さんから、

「タコ釣りのコツを教えてくださーい」みたいなことを聞かれて、

「わたしも、そーんなに得意ではないんです」というような前置きをしつつ、タコ釣りについて語ったことがあった。

あー、あれだ。こういうのが世で言う、知ったかってやつなんだよなーと思いつつ、ならば知ったかで終わらせず、ちゃんと狙ってもっと釣れるようにしようと、はるばる江ノ島にいった日のことをお知らせする。

神奈川でタコ釣りができるところは限定されているので注意が必要だ。
参考記事:https://oretsuri.com/oretsuri-member/hirata-blog/kanagawa-tako

目次

夕まづめに江ノ島到着

この日の到着は夕刻。本当は早朝来たかったのだけど、予定があってやむなし。

秋も深まり、日も短くなったなー。

車椅子の常連老人がタコテンヤで釣りをしていることもあって、いるはいるんだろうなーと思いつつタコ釣りをスタートする。

さっそくワールドモンスターにWM60をセットして釣りはじめる。

PEは4号なのだが、岸壁沿いは基礎が入っていて、タコジグやタコエギがこの基礎に吸い込まれると4号だと切れるorルアーが破損する。

特に、タコエギはカンナの部分が意外と脆く、フックを曲げて回収しようとするがフックだけ取れてしまうこともある。

ルアーは、この堤防で岸壁にひっかかっていたタコジグのフックを研ぎ直して再利用。

タコって、こんなのに抱き着いてくるんだから、なかなかだよな。

まず、カニ歩きでへチを狙う。水温もさがってきたわけで、へチ際をねちっこく攻めてみる。

サミングをしながらゆーっくり落とし込み、着底。

トントントントン、ヒノノニトン。

トントントントン、ヒノノニトン。

トントントントン、ヒノノニトン。

トントントントン、ヒノノニトン。

これを何回繰り返したことか。

そうこうしていると、どんどん暮れていく・・・

一体この岸壁に何杯のタコがいるんだろうか。

あーすっかり暮れちゃったなー。

江ノ島はゴミだらけ

この江ノ島。まーったくゴミが多いこと。

こういうことをする方もいるのが釣りという趣味の懐の深さではあるものの、毎回、こういうのをみると滅入りますな。

と、気配を感じて足元をみたら、イワガニ氏が現れる。

▶モクズガニ観察へ

湘南某河口でモクズガニ観察

蟹で思い出し、某河口にモクズガニ観察にいってみることに。

11月は河口でモクズガニがよく見られる時期なのだ。

あわせて読みたい
【1番詳しい】「モクズガニ」の獲り方と美味しい食べ方解説(泥抜き・締め方・料理レシピ) 本記事では、モクズガニの生態や効果的な捕獲法を解説します。 後半では泥抜き方法や料理レシピ・保存法について解説。 モクズガニはかなり食味がいい蟹ですが、泥抜き...

どーれ。

あ、

いた。

ライトを照らしてみたら、砂の中にもぐったぞ。

器用だなー。

と、ゴッドハンドで砂から掘り出してみる。

おーでてきたでてきた。

片腕がない小型のモクズガニだ。

こういった単体の小型はリリースで。

その後、河口からすこし遡上してみて、ヘッドライトで照らしていったところ、干潮の川底を素早く逃げていくモクズガニが。

ほほー、なかなかデカい。手のひらサイズだな。

が、たも網がないのであきらめることに。

次は、蟹網をしかけるか、たも網をもってきて捕獲しよう。

それにしても、夜が冷えるようになった。

あ、これ、マダコの話だった。。。

関連記事

あわせて読みたい
【1番詳しい】江ノ島の釣り場解説!(釣れる魚・5つのポイント・釣り禁止情報) 2024年3月まで湘南大堤防先端部(南1号護岸)と南2号護岸(緑地前)は工事のため釣りができません。工事の邪魔にならない範囲で釣りはできますが、スペースが3分の1程度...
<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
江ノ島湘南大堤防

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次