この記事は約29分で読めます。

【保存版】アナゴの釣り方と餌・仕掛け・料理レシピを解説

ふれーゆ裏のアナゴ
本記事では堤防からのちょい投げでのアナゴ釣り、船での夜アナゴなどの釣り方やオススメの仕掛け・料理レシピを解説します。

アナゴは江戸前の釣りの代表的なターゲットであり、日本各地でも広く楽しまれている釣り物だ。

堤防釣りでは主に夜釣りのぶっこみ釣りで狙われている。専門に狙う人もいて、ライトからミディアムクラスのタックルで挑戦すれば引き味もいい。

釣ったあとに、新鮮なアナゴを天ぷらにしたり煮アナゴにすれば驚くほどの旨さで、釣りをしない人からみても魅力的な魚だ。

今回はそんなアナゴ釣りのノウハウについて解説する。

スポンサーリンク

目次

アナゴについて

アナゴ

『アナゴ』は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称。

ウナギによく似ている海水魚で汽水域にはほとんど見られない。国内ではマアナゴを筆頭に、食味のよさから天ぷらや煮穴子を中心に流通している。

出典:http://www.jfa.maff.go.jp/j/suisin/s_kouiki/taiheiyo/pdf/t18-5.pdf

マアナゴもウナギ同様、漁獲量が減ってきている魚だと覚えておきたい。

スポンサーリンク

堤防から釣れるアナゴの種類

アナゴと呼ばれる魚は日本にいくつもいるが、比較的水深が浅めの堤防から釣れるアナゴは大きく分けてマアナゴとクロアナゴがほとんどである。

砂底の湾内では、ギンアナゴやゴテンアナゴが釣れることもある。

マアナゴ

ちょうどいい型のアナゴ

マアナゴは日本でもっともよく知られているアナゴ。食味も一番美味。

地域によっては、その色艶から黄金アナゴと呼ばれるブランドアナゴもいる。

茶褐色の背に白い腹で、個体差はあるが腹と背のつなぎめ部分が金色に輝いている。

ふれーゆ裏アナゴ

サイズは20センチから80センチぐらいまで釣れるが、大型の個体は黒ずんでいることもおおい。

特徴的なのは身体の側面に白い点が一列に並んでいるところで、この点を覚えておけば後述のクロアナゴと見分けることができる。

大きくなると比較的大味になり、市場で流通するときは30㎝前後の個体の単価が高く、天ぷらなども筋張ってなく食べやすい。

マアナゴを釣っている記事

自家製釣り餌持参。「ふれーゆ裏」へ寒アナゴ釣りにいってみた話

2016.12.19

クロアナゴ

ぶっといマアナゴ

クロアナゴは釣り人にとって嫌れがちな魚でもあるが、重量感のある引き味は抜群。

クロアナゴがまざる釣り場の場合、ミディアムヘビークラス以上のタックルだと魚に主導権を握られず釣りをすることができる。

クロアナゴはまず平均的なサイズがマアナゴより大きい。魚体全長の差もあるが胴の太さもクロアナゴは太い。

浜に打ち上げられたクロアナゴ

東京湾では港湾部付近の近場の釣りにおける外道(ダイナンアナゴと呼ばれる種類もいる)としても釣れることがあるが、堤防からも狙って釣ることができる。

マアナゴを釣っているとかなり強めの引きがあることがある。

引きあげてみると太くて黒い魚体。これがクロアナゴだ。マアナゴと比較すると身体の側面に白い点がない。

巨大アナゴを釣った!とSNSでシェアすると、他の釣り人から「クロアナゴだし」と蔑まれることもおおい。

なぜ、そのように蔑まれるかというと食味と見た目の2点があると思う。

骨が多く、天ぷらなどにすれば旨いが、マアナゴより脂が少なく筋っぽさ目立つ。

八景島で釣ったクロアナゴ

顔つきもマアナゴと比較してすこし狂暴そうではある。

見た目が悪い魚はしばしば釣り人に嫌われやすいということもあり、クロアナゴは必要以上に嫌われているのかもしれない。

ギンアナゴ

ギンアナゴ

堤防から釣れる代表的なマアナゴとクロアナゴに対して、もう1種付け足すとするとギンアナゴがいる。

漢字では銀穴子だが、見た目は黄金色をしているアナゴだ。

なぜ金穴子という名前にしなかったのか不思議である。

ギンアナゴは浅場の砂底地帯における底引き網で漁獲されることが多いが、マアナゴと比較して脂ノリが悪くぱさぱさしているので市場価値はやや低い。

金田湾の金アナゴ

一方、見た目は一番美しいと筆者は思っている。

金田湾の金アナゴの顔

どことなく女性っぽい顔つきで可愛い。クロアナゴとは大違いだ。

ギンアナゴは釣れ場所に偏りがある。ちなみに三浦半島の金田湾で釣れるアナゴはほぼすべてギンアナゴだ。

スポンサーリンク

アナゴの釣れる季節(夏が旬だが冬でも釣れる)

八景島対岸 夜景

アナゴの旬といえば夏というのは多くの釣り人が知っていることだろう。

日中のうだる暑さをさけ、夕涼みがてら堤防にやってきて半夜釣りで鈴の音に耳をすませる釣りは風情があっていい。

東京湾の釣り船でも、夏には夜アナゴ船は出ている。

では、このアナゴは夏以降は釣れないかというとそんなことはない。

水温が徐々に下がり魚が深場に移る冬でも釣れる。

ただし晩秋から冬季のアナゴは比較的水温が安定している水深のある湾内や温排水などの影響があるところにたまっている傾向がある。他にテトラ帯の穴釣りをじっくりしているとカサゴなどに混じって釣れることもある。

釣行をする際は、釣り場に関するポイントマップを購入しておき、事前にアナゴが釣れるフィールドか、または地形的に水温が下がりにくいところかチェックしておこう。

アナゴは夜行性?日中は何をしているのか?

60㎝太アナゴ釣れた

水族館等で日中のアナゴの様子を見たことはあるだろうか。

水槽の中でアナゴは塩ビパイプ等の隠れ家のなかに集団で寄り添うようにして隠れている。

アナゴは漢字で『穴子』と書くが、これは海中で岩穴などの隙間に潜んでいることから名づけられたようだ。

実際の釣り場ではアナゴは砂泥の中にもぐったり、根や人工漁礁等の隙間にいることが想像されるが、夕まづめ以降にこの棲み家からでてきて集団で移動し活発に餌を探る。

アナゴとウナギの性質比較

八景島でアナゴ釣り

アナゴの生態は夜行性である点で、鰻と似ている。

が、アナゴは単独行動ではなく隠れ家に群れて潜んでいる傾向にあると思われる。

ウナギの場合、縄張りを持つ傾向があるようで、穴釣りの場合、一つの穴には一匹にウナギしかいないことがほとんどだ。

ウナギの養殖をする場合も個体数が少ないとそれぞれが縄張り争いをしてしまい傷ついてしまうという。

鰻とアナゴの共通点としては釣れ出すとバタバタと集中して釣れるという点がある。

これはウナギやアナゴには餌を探るための通り道があり、その通り道を各個体が集団で行き来しているからと思われる。

堤防からのアナゴ釣りタックル

堤防からアナゴを釣る場合、ちょい投げなどのキャスティングをすることが多い。用意するタックルは、キャストしやすいスピニングタックルであればなんでもよいと思う。

量販店で売られているセットで1,980円ぐらいのタックルでも全く問題ない。

一方、釣果を増やすという観点であれば、穂先が柔らかいほうが小型のアナゴのアタリにも気づきやすい。

実はアナゴはエサを丸呑みせず、噛みついては身体をぐねぐねとさせてちぎりながら食べる。

このためエサの強度や魚の活性によっては、釣り針を残してエサだけ取られてしまうこともよくある。

こうした食い込みを考慮して、穂先が硬すぎない、ルアーロッドなどのライト~ミドルクラスを主軸にするとよいだろう。バス釣りやシーバス釣りをする人はそのタックルが転用できる。

念のため筆者が利用しているタックルをあげておく

ロッドのパワーがミディアムハード以上あるとクロアナゴの出現にもなんとか対応できるし、マアナゴクラスは余裕をもって抜き上げられる。

足場の高さにもよるが、たも網を使うと仕掛けや網にアナゴが絡んでしまい手返しが悪くなる。

個人的には強めのタックルで抜き上げるほうが好みだ。

一方、アタリのわかりやすさでいうとライトやミディアムライトクラスのロッドもよいと思う。

ちなみにナイロンラインよりはPEラインを使ったほうが、ポイントによって飛距離も出しやすいし、アタリもわかりやすい。

<アナゴ釣りのタックル例>

アナゴ沖釣りタックル

船釣りでアナゴを釣る場合、スピニングでもベイトタックルでもよい。

基本的にキャストして探るのではなく、ポイントを移動する船の直下に落とし込んで、海底をたたいて釣ることが基本だ。

シロギス竿やカレイ竿(オモリ負荷10~30号程度)でも流用できるが、専門竿は穂先の感度が良く食い込みもいい。

アナゴ釣りの仕掛け

アナゴは人気の釣り物であるため、ウナギ同様に専用仕掛けが販売されている。

アナゴ釣りでは以下のような仕掛けが好まれる。それぞれの仕掛けを組み合わせて試してみよう。

  1. 光る仕掛け(夜光)
  2. 音が出る
  3. 針はアナゴかウナギ用の針

岸釣りのアナゴ仕掛け(フラットなエリア)

岸釣りの場合は海底の地形によって異なってくる。

砂泥地メインで幾分手前に根が絡むエリアの場合は、ジェット天秤を利用しウナギ鈎やハモ鈎などを1本針で用いる。

ちょい投げ釣りの仕掛け=『ジェット天秤』と考えてもよし。ルアーロッドに合った組み合わせや使い方を紹介!

2018.09.08

なぜハリスが1本かというと、前述の通りアナゴは1尾釣れると仕掛けに絡みつくため、1尾ごと釣っては針を外していったほうが手返しがよいからだ。

もし釣り上げたアナゴに針を飲まれている場合は、無理に外す手間を考えると、躊躇なくハリスを切っていくほうが手返しがいい。

アナゴは時合の釣りなので、釣れるときにいかに手返しよく釣り上げるかが重要だ。

投げカレイ仕掛けなどで枝針があるものはすぐに絡んでしまうのでやめておいたほうがいい。

ハリスは短くても食いにはあまり影響しないため、絡み対策で短く太いハリス(フロロ5号~5cm程度)で仕掛けを組んで使うのもオススメだ。

竿は2~3本、まわりの迷惑にならない程度に距離の長短をつけて出しておこう。根がきつめの場所で岸から近めのポイントの場合、胴付き仕掛けにして捨てオモリ仕掛けにして釣ることもある。

岸釣りのアナゴ仕掛け(穴釣り)

また冬場のアナゴはテトラ等の底にじっと潜んでいることもある。

穴釣りで狙う場合はハリスを5センチ以内の短めにした胴付き仕掛けにネムリが入った針を使うと根がからず効率的に釣ることができる。ブラーを用いてもよい。

岸釣りのアナゴ仕掛け(流れが速いポイント)

アナゴは運河等の潮流が速い場所にも生息していてよく釣れるが、そういった場所で釣る場合、軽めのジェット天秤では仕掛けがどんどん潮の下手に流れていってしまうことがある。

この場合、近場に釣り人がいたりするとオマツリになってしまうこともあるので、鯉オモリスパイク天秤のように仕掛けが底に張り付きやすいものを使うとよい。

遊動式の鯉オモリの場合、アナゴのアタリがあった際も違和感を持たれづらく食い込みもいい。このような底にはりつく仕掛けの場合根がかりすることもある。

その場合は糸のテンションをはってから急に緩めたり、釣り座の左右に移動して外すとよい。最悪の場合も、道糸がハリスより太ければ、ハリスだけ切れてオモリを海中に残すことは避けられる。

船アナゴの仕掛け(小突きに特化したものが一般的)

船のアナゴ釣りでは、夜光仕様の釣り鐘オモリとアオイソメを縫い差しにした釣り鈎で海底を小突きながら狙う。

しばしばケミホタル集魚ライトが用いられる。

アナゴは釣れるとハリスに絡みつき仕掛けをぐちゃぐちゃにしたりやすり状の歯で仕掛けを擦切るため、集魚効果をかねた夜光ゴム管でハリス全体を保護したものを使う。アナゴ仕掛けやハモ仕掛けを使うとよい。

光物はアナゴ釣りに効くのか?

アナゴ釣りではケミホタルや夜光ゴムや音が出る仕掛けなどが使われていることが多い。

今のところ筆者の考えでは、アナゴはウナギ同様、視覚で餌をとるよりも嗅覚での捕食要素が強いと考えている。

これまで実験したところ、光物をまったくつけなくても十分アナゴは釣れる。

一方、アナゴ釣りはただひたすら待つ釣りなので、釣果の可能性をあげることができる部分はいろいろと試してみたいというのが釣り人だと思う。

自分がこれならば釣れると自信が持てるのならばケミホタル・水中ライト・夜光ゴムなどは併用していけばいいと思う。

自分の頭であれこれ考えて釣果の可能性をあげることが釣りの醍醐味でもある。

夜光クッションチューブはハリス全体を覆うように長くつかうと、ヒット後のトラブルをさけることができる。

アナゴ狙いの釣り鈎とハリスの号数について

八景島でアナゴ釣り

釣り鈎のサイズはアナゴの食い込みに関わってくる。

小型のほうが食い込みはよいが、アナゴ以外のゲストが釣れてくる可能性も増えてくる。状況に応じてサイズを大きくしていきたい。

マアナゴはそれほど重さはないが、歯がやすり状で噛む力がとても強い。

ハリス3号クラスでも抜き上げ時にアナゴが暴れることにより切られることもある。

前述の通り、アナゴは視覚的な要素で餌をとっていないと思われる。ハリスの号数によって喰いが顕著に変わることはほぼない。できれば5号以上のハリスを使うとよいだろう。

クロアナゴやマアナゴの大型に餌をのまれた場合、3号程度のハリスはすぐにねじ切られてしまう。

市販のハリス付きのウナギ針の場合、ハリスの長さが45㎝ほどで使いやすい。

一方、食いが悪いときなどは錘を遊動式にすることや、ハリスの長さを1m程度まで長くする方法もある。その場合、管付きのウナギ針にフロロカーボンの3号~5号を合わせると便利。

アナゴ釣りでおすすめのエサ

できあがりのサンマ餌

内臓と一緒につけこんだサンマの切り身の集魚力は抜群。

アナゴ釣りでは、アオイソメや岩イソメなどの虫エサ、もしくはサバ・サンマ・イカの切り身を使うのが一般的。

活餌である必要はない。

アナゴは視覚よりも嗅覚を重視してエサをとっているため、よりニオイが強いものを選ぶとよい。

ニオイが強いサンマとイカソーメンの合わせ技がオススメ!

船釣りでのアナゴ釣りはアオイソメを使って縫い刺しにするのが一般的。

岸釣りの場合もアオイソメでよいが、アナゴ以外の小魚の活性が高いときはすぐについばまれてしまう。こういった状況をさけるためには小さい魚が吸い込めないサイズの魚の切り身やイカソーメンを使うとよい。

筆者がこれまでに感じた餌ごとの特性は以下の通り。

集魚力
サンマの切り身 > サバの切り身 > イカソーメン
餌持ち
イカソーメン > サバの切り身 > サンマの切り身

イカソーメンの代わりにイカの塩辛を使ってもよい。

アナゴがもっとも釣れる餌はサンマと思われるが、餌持ちはよくない。この場合、切り身を塩で締めてサンマの内臓を和えておくと安価でもあるしさらに釣果があがる。

アナゴなどにめちゃ有効!海のぶっこみ釣り用にサンマとワカサギの塩漬け餌をつくってみた

2016.12.17

切り身餌の場合、ゲストとして釣れてくるのがカサゴやイシモチなどであることが多い。

寄せ餌と付け餌の二段備えや三段構えのサンドイッチ餌がオススメ

アナゴ釣りにおける最強餌であるサンマの切り身に泣き所がある。

それは、前述の通り、餌持ちの悪さだ。

アナゴは餌を丸呑みせず、はじから噛みつき回転しながら食いちぎるようにして食べる傾向にある。

サンマは皮目もふくめて柔らかいため、アナゴのアタリで釣り鈎からとれてしまうこともある。こうなると空鈎になってしまいアナゴは釣れなくなる。

これを避けるためにおすすめしたい方法がある。

それは、サンマの身餌を縫い差しするにあたり、イカソーメンやイカの塩辛のような鈎もちのよい餌と合わせて餌付けする方法だ。

アナゴはサンマの強力な臭いで釣り鈎に寄ってきた後、まずサンマからエサを食べる。このとき、サンマがかじられて亡くなってしまっても、イカが残るため、アナゴは最後にイカへ食い込む。

この方法を発見してから筆者のアナゴ釣果はかなり上向いた。

サンドイッチ餌でアタリがあってあげてみたらサンマだけ取られているということもある。このあたりからアナゴにとってサンマはかなり好物であると想像できる。

アナゴが釣れる天候と時合

アナゴが釣れる天候

強風などでよっぽど底荒れしていなければいつでも釣れるが、どちらかというと凪のほうが捕食をするために棲み家を出回っていることが多い傾向にあるのではないかと思われる。

アナゴの時合

夕まずめというよりも、すっかり暗くなって潮の動いているタイミングにアタリが頻発する。雨後や潮に濁りが発生しているときは日中でも釣れることがある。

一方、潮どまりなのにバタバタとアタリが出ることも多く謎が多い。

夕まずめから釣ると、季節にもよるがすっかり暗くなった19時~21時前後がまず一回目のアタリがある。その後あたりが遠のいたあと、突然真夜中や朝方にアタリが出たりする。

これは、日が落ちてからアナゴが集団で住処を抜け出て、一斉に捕食しつ移動してもとの住処に戻ってくるという行動なのではないかと思われる。

あまり遅くまで夜釣りができない方や、釣り場に翌朝までいられない場合は、夕まずめから21時ごろまで釣ると釣果につながらいやすいと言える。

堤防からのアナゴの釣り方

ふれーゆ裏

根際の砂地がオススメ

堤防釣りでは、砂地で釣ると根がかりもなくトラブルもすくない。

一方、砂地とはいえ、根が隣接したところほどアナゴのストックが多いことは覚えておきたい。

特に岸近くに堤防基礎や根(牡蠣殻エリア含む)が絡んだ駆け上がりがあり、その先が砂地になっているポイントの場合、遠投して砂地を狙うよりも、駆け上がり部分の砂地との境目に仕掛けを並べておくと連続でヒットすることがある。

水中を想像するに、これは駆け上がりにある根の穴にアナゴが群れで隠れていて、時合になると砂地に展開して餌をさがすのではないかと思われる。

こうしたポイントでは、遠投して砂地エリアで釣ってもポツポツとしては釣れるが、一晩を通しての釣果は前者の根回りが大きく上回る。

▼水槽で砂にもぐっているアナゴ。明るい時間帯は砂地にもぐっていることも多い

ヒトデの襲撃に注意

岸から釣る際は根がらみの先の砂地に仕掛けをキャストして、あとはひたすら待つ釣りだが、放置しておくとヒトデに食われてしまうことが頻発する。

イカソーメンを吸うヒトデ

イカソーメンを吸うヒトデ

厄介なことにヒトデがかかってしますと、アタリは出ず、当然アナゴのアタリも出なくなる。

これを避けるためには、5分に1回程度、仕掛けの場所を数十センチから1メートル程度動かしていくとよい。この仕掛けの移動直後にアナゴのアタリが出ることも多い。

アナゴ釣りでは穂先に鈴などをつけると効果的だが、この鈴が一切ならなくてもヒトデがついてしまっていることがあるのでただ投げて放置するのではなく数分ごとに状況確認をしたい。

自分のなかで15分に1回竿をあげてみるなどのルール化をしておくと無駄な時間を過ごさなくて済む。

アナゴのアタリの取り方

アナゴのアタリは、竿先にケミホタルをつけたり鈴をつけるとわかりやすい。

<鈴をつけた場合のイメージ>

  • リン♪(ついばんでいるだけ。アナゴ以外の捕食であることも多い)
  • リンリン♪orリリリリン♪(ついばんでいるだけ。誘いあげると食い込む可能性あり)
  • リリリリリン♪リリリリリン♪(食い込んでいる。巻き上げよう)

アナゴは餌を食いちぎりながら釣り鈎までたどり着く。

細かいあたりが続くときは小型の個体か、その他ゲストのついばむ状態であることが多い。

細かいアタリが続いているときは、竿先をゆっくり聞き上げてみると食い込むことが多い。とくに強いアワセは必要ないので、そのままポンピングなしに巻き上げてくるよい。

底の状態にもよるが、大型の場合は根に巻かれると高切れするので、アタリがあってからはまず根から離すということを意識するといい。

【アナゴ釣り小ネタ】アナゴを深夜釣っていてまったくアタリがないなーと思っているときに不意に連続して複数本の竿の鈴がなって、「わ!」とおもって焦ると全部食われてない。という場合、それはアジやイワシやサッパなどの濃い魚群が通りかかって道糸にぶつかっただけと思われる。

アナゴを必釣したいときの裏技(コマセ爆弾)

鯉釣りのぶっこみ釣りのノウハウにも重なってくるが、自宅であらかじめ海用の混合コマセ材と魚の内臓やその他のアラを混合してこぶし大の団子にして釣り場に持ち込み、狙うポイントに投げ込んでみるのもよい。

このとき仕掛けは潮の下手に並べて出しておく。

ただし、この方法はクロアナゴをはじめとして、アカエイや鮫などの巨大ゲストを呼ぶことにもつながるので諸刃の剣でもある。

コマセ団子以外の方法としては、プラ製のコマセカゴを装着して投げるのもよい。

アナゴが釣れた後の対応

ウナギ同様、アナゴは釣れると、ぐねんぐねんと暴れまわり仕掛けに巻きつく。

小型等のリリース目的以外では、基本的に釣り鈎を外すことは考えないほうがいい。釣れたらハリスを切って蓋つきの水汲みバケツ等にしまうと手返しがいい。

下手に釣り鈎を外そうとすると、アナゴが暴れて仕掛け全体に絡むことにもつながり、時合がきたときの手返しも悪くなる。

アナゴを持ち帰るために、クーラーボックスにしまうときは、ビニール袋にいれて二重にしてしばってからしまうとヌメリやニオイがつかないのでオススメ。

夏場は大量の氷が必須だが、冬の場合はそれほど劣化しないため、少しの氷と一緒に冷やしておけばよい。ペットボトル氷でも十分冷える。

味にこだわる場合は、釣れたらすぐに頭部の後ろを調理ばさみで切断して水汲みバケツで血抜きしてからしまうとよい。こうすると暴れることも少なくなる。タチウオ用挟みを使うのもオススメ。

船からのアナゴの釣り方

主に小突き釣りとちょい投げの2種類の釣り方がある。

小突き釣り

小突き釣りは船下に仕掛けをおとして海底を錘で叩くようにし、煙幕や音を立てる。

アナゴはこれらの音や濁りに誘われて餌に食いつくと言われている。たたき方は人それぞれなのでよく釣っているベテランの動きを真似するとよい。

細かくたたく場合と、スローにたたく場合など、人によってパターンが異なる。乗り合いの釣り船では釣れている人のマネをするのが鉄則だ。

ちなみに、どの釣りでもそうだが、たたくだけでなく適度に食わせの間を作るのもポイント。

ちょい投げ

下手投げで仕掛けを前方に投げて、着底後、ゆっくりずる引きをしながら引いてくる。

ちょい投げでは広く探って釣ることができる。船の直下をいくら狙ってもアタリが出ない場合は広く探ることで釣果につながらいやすい。

置き竿

複数本の釣り竿を器用に扱うひともいるが、アナゴは夜釣りのためトラブルも多い。

慣れないうちはロッドは1本にして集中して釣ってみたほうが成果につながりやすい。

数本の竿で常にアナゴを釣っているベテランがうらやましくなったら1本ずつ増やしていってみよう。

混雑時等は、竿数の制限もあるので船長に確認してから行うこと。

船アナゴは短竿が扱いやすい

特に小突き釣りの場合は1メートル前後の短竿が扱いやすい。

穂先への道糸がらみなどのトラブルがあった際も外しやすいし、リズミカルに海底を小突くことができる。

短竿と2メートル前後のゲームロッドなどを両手にもって操作すると勝手が異なるので、操作しづらい。

できるならば長さや調子はそろえておきたい。

アナゴ釣りのゲスト

つけエサの種類餌にもよるが、以下のような魚がゲストとして釣れる。

ホタテウミヘビ

ホタテウミヘビ。体長1mを超える。ヒット時に胴体の半分が海底に潜っていることもあり根がかりと勘違いすることも

アカエイ

アカエイ。切り身をつかっているとよくかかる。ドラグを緩めていないと竿が海にもっていかれるので注意。

特にアオイソメなどの虫エサを使うと本命のアナゴ以外が釣れることが多い。

五目釣りにしたい人は、魚の身餌ではなく、虫エサを縫い差しにしてつかってみるとよいだろう。

  • カサゴ
  • メバル
  • ウナギ
  • カレイ
  • シロギス(大型が多い)
  • スズキ
  • アカエイ(毒棘)
  • ドチザメやネコザメ
  • ゴンズイ(毒棘)
  • ダイナンウミヘビ(リリース推奨)
  • ホタテウミヘビ(リリース推奨)
  • 海毛虫(毒毛がある。ヒトデ同様、砂泥地で放置するとかかってくる)

毒魚も混じるので、夜釣りでよく判別できな状態での魚の取り扱いは注意しよう。

とくに釣り初心者や子供と釣りに行く際は、何が釣れてもすぐ触らないというルールを徹底するとよい。

【危険】18種の毒魚・生物に要注意!海釣りで注意したい魚介類を解説

2016.11.21
夜のゴンズイ

イソメでよく釣れるゴンズイ。

ちなみに、アナゴ釣りでもゴンズイが連続でヒットすることがある。

ゴンズイは毒棘もあるが、時期的に脂ものっているので注意して扱えば鍋の具材として極上だ。

【毒魚はうまいよ】ゴンズイを釣って食べてみよう(釣り方・レシピ・注意点)

2017.10.19

東京周辺で岸からアナゴが釣れるポイント

ここでは東京周辺のポイントをあげる。

その他の地域でも砂泥地が隣接した港であれば釣れる。水深は2m程度あれば十分。

冬のアナゴ釣りは水深が比較的あり、温排水で水温が低下しなそうなエリアの目星をつけておこう。

とくに工業用地に隣接したエリアはねらい目だ。

東京

お台場・青海周辺 

お台場周辺は竿だしできるところや釣り方に制限があるがアナゴを狙うことができる。

ポイントによっては根回りも多く根がかりも多いので注意したい。

ゲストは高確率でアカエイ。冬や梅雨時はイシガニなど。特にアカエイには注意で、置き竿をするときは、竿をもっていかれないようにドラグをゆるめたり、尻手ロープを使おう。本当に後悔する。

アナゴ釣りだけでは飽きるので、蟹網でイシガニやモクズガニを狙いながら遊ぶのもよいだろう。

神奈川

浮島つり公園

多摩川の河口部にある釣り公園。入場料が無料なのと夜釣りも可能なのがよい。

多摩川自体の水温が1年中一定水温のためアナゴも釣れる。釣り具屋などは近くにないので事前に購入してから現地に到着するとよい。

海底は牡蠣殻やゴミ類のため、根がかりが頻発する。隣の釣り人との間隔が一定距離あるようであれば、軽めのオモリをつかうとよいだろう。夏から秋にはマハゼもよく釣れる。

東扇島西公園

川崎市にある釣りができる公園。ポイントによって砂地と根回りがある。

アナゴは湾内でも釣れるので先端の釣り座をとらなくてもよいが、先端部分以外は、根がかりが頻発するので注意が必要だ。

ちなみに平日休日問わず、先端部は常時常連の釣り師が確保していることが多い。このポイントの情報は勇竿釣具店が詳しい。

エサや仕掛けは公園入口に同釣具店が出張しているのでイソメなども手に入れやすい。

ふれーゆ裏

横浜市にある釣りができる岸壁。

場所にもよるが手前に基礎とイガイによる根がある。アナゴはその部分や砂泥地に穴を掘ってすみかにしていることが想像される。

根の少し先の砂泥エリアに仕掛けをちょい投げして待ってみよう。

この釣り場では、近年、他者に配慮できない残念な釣り人によるゴミの投棄が目立つ。ゴミはすべて持ちかえるようにしたい。

※近隣には釣り具店がないため道具はすべて用意してから向かう必要がある。

横浜の人気ポイント「ふれーゆ裏」の釣り場ポイント情報!何が釣れるか?どこが釣れるか?

2018.11.01

横浜港周辺

釣りができる場所や釣り方は限られている。

詳しくは釣り場情報の解説本をチェックしておこう。現地では警備員や警察官が巡回していることも多く、トラブルを避けるために指示には従いたい。

イソメをつかっていると、ゲストとしてセイゴが釣れるが、ときとしてフッコクラス以上もヒットする。

釣り人より観光客のほうが多い。釣りをする際は安全のために一投ごとに周りをチェックして、ゴミは残さないようにしたい。

根岸湾

電力会社の温排水の関係上、冬でも比較的多くの魚が狙える。

ローソンでアオイソメをはじめとして餌が売られているので便利。

ローソン前のポイントは冬場でも釣りがしやすい好ポイント。カップラーメンなどを食べて暖をとりながら釣るのもよいだろう。ゲストにスズキやカレイが混じることも多い。

冬場に蟹網を投げながらアナゴ釣りをするのもいい。タイワンガザミとイシガニが狙える。

※コンビニで買った食料ゴミを釣り座に残していく残念な釣り人もいる。そういったことは恥ずかしいのでやめてほしい

福浦・八景島・野島周辺

八景島周辺は水路が入り組んでいて、地形的な要素からか湾内に多くのエサが流れ込みやすく、多くのアナゴが居ついている。

釣りができるところに制限があるが、根回りの砂泥地を狙うと釣果は出やすい。

近年、他者に配慮できない残念な釣り人によるゴミの投棄が目立つ。ゴミはすべて持ちかえるようにしたい。

※エサはアオイソメであれば、市大医学部周辺の各コンビニで購入可能。ちょい投げの仕掛けも販売されている。

横須賀周辺(うみかぜ公園・海辺つり公園)

うみかぜ公園は夜通し釣りができアナゴ釣りもしやすい。

根が荒いエリアがあるので、昼間のうちにポイントの判断をしてから夜釣りに入りたい。

海辺つり公園は、22時まで釣りができる。

全体的にポイントだが手前側は根があるので、30メートル以上遠投するのがオススメ。エサの回収時など手前の根や海藻で絡まることもあるので、ジェット天秤を使うとよい。

その他、詳しいポイント情報は、東京湾の釣り場ガイドが詳しい。

釣り場ごとのルールなども掲載されているので釣りを楽しむだけでなく、マナーも守って釣りをしよう。

アナゴの料理レシピの紹介。釣りたてのアナゴは最高にうまい!

マアナゴは、天ぷらの素材としては江戸前店天ぷらの最高峰に位置している。

特に釣ったばかりのものは天ぷらをはじめとして唸るほど旨さだ。

いろいろなメニューを試してみよう。

煮アナゴ丼(ギンアナゴ)

煮アナゴ丼

マアナゴと比較して脂が少な目だが、甘辛く煮つけるとさっぱりして飯が美味。写真はすこし煮すぎ。

煮アナゴ丼(クロアナゴ)

アナゴ丼

骨が多く身が固め。マアナゴには劣るがこれはこれで旨い。

クロアナゴの場合、天ぷらや、パン粉をつけて揚げたほうがいいと思う。

八景島界隈で釣ったクロアナゴとアイナメを料理する

2017.04.01

クロアナゴの卵とじうどん

八景島で釣ったマアナゴでつくったアナタマうどん

やや小骨は気になるが、これはオススメ。

煮アナゴが翌日以降にあまったら試してみよう。

八景島界隈で釣ったクロアナゴとアイナメを料理する

2017.04.01

クロアナゴの佃煮

アナゴの甘露煮

甘辛くて、骨や皮から旨味がじゅわっとでる一品。

圧力鍋で加工すると骨まで食べられてうまいと思う(これはノーマル雪平鍋で作ったもの)

八景島界隈で釣ったクロアナゴとアイナメを料理する

2017.04.01

アナゴの兜揚げと骨せんべい

シロギスとギンアナゴの骨煎餅

2度揚げすると骨までカリカリたべられて香ばしくて美味。

味付けは塩だけでがいい。

アナゴ天(マアナゴ)

ギンアナゴとメゴチの天ぷら

さくっとした衣の奥にふわりとした白身。

天つゆでもいいが、新鮮なものを塩で味わってほしい。

食味としては最上だと思う。

八景島で釣ったアナゴを料理する

2017.09.07

アナゴのムニエル

釣り料理 アナゴのムニエル

意外と知られていないがアナゴはムニエルとしても実に旨い。

アナゴを釣って、新鮮なまま調理したい。

知ってた?アナゴをムニエルにすると滅茶苦茶旨いんだ

2018.04.03

炙り煮アナゴのちらし寿司

甘辛く味付けした煮穴子の皮目をバーナーで炙ったものを小さくきって、ちらし寿司の具にするのもオススメ。

アナゴ料理や調理のコツなどはこちらから

アナゴの習性を動画で学んで釣りに活かそう

アナゴは餌を捕食したらバックする!?アナゴの習性を学んで釣りに活かそう!(動画)

2018.07.23

アナゴ釣り関連記事

横浜市鶴見区にある通称『ふれーゆ裏』で大アナゴを狙う

2017.02.14

福浦岸壁・八景島エリアでのんびり読書をしながらアナゴの夜釣りを楽しんでみた

2017.08.31

たのしい夜釣り。八景島対岸で一晩中アナゴを狙ってみた【大井さんからの寄稿】

2017.10.12

自家製釣り餌持参。「ふれーゆ裏」へ寒アナゴ釣りにいってみた話

2016.12.19
<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
🎣Amazonタイムセール!アウトドア商品などがお買い得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!