61,710 views

この記事は約11分で読めます。

【さまよい夫婦釣行記3】千葉の大貫港にてシロギスパニックでさまよう

大貫港朝日
釣り場の状況は刻々と変化しています。堤防など記事掲載以後に釣り禁止になっているとこもあるので現地で確認し、ルールを守って釣りをしましょう。

皆様どうも。ミズチです。

さて、早いもので釣行記を投稿させていただくのも、はや3回目です。今回は千葉は内房の大貫港でのシロギス釣りをお送りします。

次の釣行先を考えてみた

さて、前回も惨敗を喫したので、次の釣行先については深く考えなければなりません。

以下の3点から、釣行先の検討をはじめました。

・妻のテンションをこれ以上落とすわけにはいかない。

→ サーフのようなハードモードは不可。広めの堤防が望ましい。(我々にとっては)

・妻のテンションをこれ以上落とすわけにはいかない。

→ イワシでも何でもいい。確実な釣果を望む(ゴンズイ・フグは勘弁!)

・妻のテンションをこれ以上落とすわけにはいかない。

 → 停めた車から近距離。横づけがベスト、で釣れるところ。

 

・・・あれ?

 

スポンサーリンク

内房の「大貫港」と南房の「船形港」で悩んだ

以上の点から、内房の「大貫港」と南房の「船形港」が候補としてあがりました。

ただ、そのあとよくよく調べてみると、大貫港は一体に水深が浅くサビキには向かないということが書かれているサイトを見つけたため、少し遠いっですが船形港に腹を決め、友人を回収して、午前3時アクアラインに突入!

わぉ。前途多難

『工事のため、君津→富浦通行止め』

わぉ。君津から下道で40kmくらいあるんですけど。しばし悩んだ結果、ORETSURI の平田さんにも事前にお伝えした通り「大貫港」に目的地変更です。

寝呆釣具店

近所の24時間営業釣具店(有名な店だが、今回は名誉のため名前を伏せます)で、エサを買いがてら情報取集を試みますが・・・

店のレジには<寝起きそのものです>という張り紙を貼られたような感じのお兄ちゃんが1名、時代か両親かブームのどれかあるいは全てに取り残されたような呆け顔をして座っているのみです。

私:「あのー大貫港って今はどんな感じですかね?」

寝ぼけ兄ちゃん:「・・・・・・・・・・へぇ・・・・・・・・・・」

しばらくぼんやりした後、無言で紙を一枚差し出してきます。

その紙は以前にもその店でもらった(その時は割と愛想のいいおばちゃん店員さん)、近隣のスポット詳細が載った紙です。

まぁ時間も3:30くらいですし、眠いんでしょうが、客の勝手なイメージとしては

「よっ!大貫、釣れてる!?」

「そりゃーもう!アジが釣れすぎて、重みで右堤防沈みましたよっ!」

「ヒャッハー!!そいつぁいいや!じゃあ残った方の堤防も沈めてくるわ!!」

「ほどほどにね!お客さん!」

的なトークで、竿を出す前に暖まりたいもんです。ええまぁ、繰り返しますが当方40歳手前でございます。

 

・・・と、あまり粘っても会話になりそうもないので、青イソメと死にかけのジャリメとアミコマセだけ買って大貫港に向かいます。

 

大貫港へ到着

天気予報では11日の昼には上がっている予定だったはずの雨が3時くらいまで続いたこともあり、テンションもやや落ち気味なまま、大貫港に到着です。

大貫港

 

大貫港の釣りポイントと駐車場事情

湾内に面した駐車場はそこそこ広く、停めたところから横付けで釣ることもできるようです。

聞いてみると、主に夜はアナゴが結構狙えるようですね。

※赤い四角枠が駐車スペース。今回の釣りポイントは赤丸部分です。

大貫港の釣りポイント

アナゴはまぁ、地元のふれーゆ裏でも狙えるので、西側の堤防に向かってみます。

右側にも大きく外洋に張り出した堤防があるのですが、細くて駐車場からやや歩くので、今回はパス。何よりも釣り易さを優先します。

大貫港駐車場 大貫港

写真はすべて明るくなってから撮影。駐車場のキャパとしては3~40台くらいでしょうか。進行方向右側は湾に面しており、横付けで釣り可能です。

駐車場対面には蛇のように細く突き出した堤防。なにやら釣れそうな雰囲気だが、遠いです。

大貫港堤防

遠くて見づらいですが、駐車場から直進すると、大きく二股です。右の赤灯台がどちらかというとメイン扱いですかね。左はサーフからの延長のような感じ。

大貫港ポイント

歩きながら直下を覗き込むと、確かに浅い。満潮干潮は良くわからないのですが、水深2mくらいですかね。

キラキラと小魚(イワシかな)がいるのは見えます。

小雨とはいえ直前まで降っていた雨の影響でしょうか。途中でYの字に分かれる堤防の両先端それぞれ、1組しか釣り人がいません。まずはメインと言われる右側の釣り人にインタビュー。

「どうですか?」

「いやぁ・・・ハゼが1匹くらいですかね」

釣果を聞いてちょっとテンションが下がるも、非常に感じの良い若者2人にお礼を言い、左側先端へ。

左側は砂浜からややつながっている感じで、砂浜をかすめる形でショートカットできます。

先端はしっかりとしたコンクリ堤防です。

先端に至る途中に、なぜか便座が落ちています。誰か釣ったんでしょうか。

大貫港 便器

これは果たして・・・吉兆か、凶兆か。いざとなったら釣果に数えていいのか。。。

先端にいた方は、ルアーマンのようです。

聞いてみると、堤防から左は完全な砂浜。右側もほぼ砂地。夜はシーバス、明け方はヒラメやマゴチが狙い目、とのこと。

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🐟らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!