16,779 views

この記事は約9分で読めます。

12月に堤防や岸壁から狙って釣れる魚と攻略法まとめ(タチウオ引き釣り・根魚穴釣り・アジ泳がせ釣り・メバル釣り)

12月の堤防釣り攻略法

12月に入り気温や水温もグッと低下して、夏から秋にかけて数多くの釣り人でにぎわっていた釣り場も静かになり、休日も釣りに行かずに家で過ごす方が多くなる時期かと思います。

しかし、寒いこの時期だからこそ餌やルアーで狙えるターゲットは多く存在します。今回はそんな12月に堤防から狙って釣れるおすすめの魚と攻略方法についてまとめました。

スポンサーリンク

ドラゴンサイズを狙う絶好のチャンス!シーズン終盤のタチウオ狙いが熱い

タチウオ

地域にもよりますが12月は身近な堤防からタチウオが狙えるシーズンの終盤です。この時期の特徴として数はそれほど期待できませんが、平均サイズが非常に大きく、一発大物狙いが可能です。特に足元から十分な水深がある釣り場では、指5本以上のドラゴンサイズがヒットする可能性も十分にあるので、これを狙わない手はありません。

この時期の釣り方でおすすめなのが「引き釣り」です。引き釣りは、オモリが一体となった専用のタチウオテンヤを使用するので風が多少強い日でも遠投ができて、大型が潜む深場もしっかりと攻める事ができるので非常に有利です。

また、深場だけではなくて表層や中層も自由自在に探れるので、タチウオの活性が高くタナが浮いている場合でも十分対応できます。

エサは手返しを重視するのであればエサ持ちが抜群のドジョウを、食い渋る時などはアピール力の高いキビナゴやイワシをおすすめします。その日の状況に応じて複数の餌を持参し使い分けると良いでしょう。

この釣りのコツはヒットするタナをできるだけ早く見つけて重点的に探る事です。着水からリールを巻き始めるまでの水深をカウントしておくと、アタリがあった際に再び同じタナを攻めることができるので、無駄なく探ることができます。

【参考タックル】

ロッド…シマノ ルアーマチック S90MH
リール…ダイワ リバティクラブ2500番~3000番
ライン…スーパーブレイド5HG 2.0号
リーダー…ダイワ ディーフロン船ハリス8号
仕掛け…ヨーズリ タチウオリアルヘッド Lサイズ
パワータチウオ50 イエロー(ケミホタル)
エサ…冷凍キビナゴ、冷凍イワシ、冷凍ドジョウ

▶アタリ連発の穴釣りを次のページでチェック

スポンサーリンク

アタリ連発!?穴釣りでテトラに潜むカサゴやソイを狙い撃ち!

城ケ島ムラソイ

冬になり海水温が下がっても積極的にエサにアタックしてくるのが、カサゴやアイナメ、ソイといった根魚です。特に彼らが好んで生息しているのが、岩場やテトラとテトラの間。この時期の釣り方は、そうした場所をダイレクトに狙える穴釣りをおすすめします。

道具は専用ロッドは必要なく、短めのルアーロッドや安価な万能竿でも十分楽しむことができます。テトラの間を探るので、できるだけ短めのロッドの方が扱いやすいです。

ただ、根魚はヒットするとすぐに穴に戻ろうとするので、ある程度強引に海底から引き離すことができるパワーのあるロッドとラインを選ぶことをおすすめします。一度根に入られてしまったが最後、根に入ったカサゴやソイは背鰭と胸鰭と頭部の棘をうまくつかい根にへばりつくので、基本的に出てくることは無いと思った方が良いです。

仕掛けは市販の胴付き仕掛けを使っても良いのですが、針数が多いとどうしても根掛かりが多くなってしまうので、1本針のブラクリ仕掛けで狙うのが手っ取り早いです。

エサはシラサエビやオキアミ、ゴカイ、アオイソメなどどんなエサでも釣れますが、おすすめのエサはキビナゴやイワシといった小魚や、サバやサンマを塩漬けしたものを大き目にカットしたものです。この理由としては外道をさけるという意味があります。

12月とは言え海水温はまだ高い場所も多く、ネンブツダイやギンポ、そしてハオコゼ等の小型の根魚なども活発に活動している事が多いので、オキアミなどの小さなエサを使用するとそうした外道がどうしても先に釣れてしまうからです。たとえばハオコゼは小型ですが、口が大き目なので、オキアミのLサイズなども貪欲に飲み込みます。

しかし、キビナゴなどのある程度以上に大きなエサを使用すると、口に入る魚も良型の根魚に最初から限定されるので効率よく釣る事ができます。また、キビナゴやイワシなどは表面に光沢があるので他のエサに比べてアピール力が非常に高いという点も見逃せません。

この釣りのコツは、釣れる穴と釣れない穴を的確に判断することです。仕掛けを落とした際にスッと底まで落ちるような穴は水深がある証拠なので良型の根魚が潜んでいる可能性が高いです。逆にすぐに着底するような水深が浅い穴は期待できないので、すぐに回収して別の穴を探る方が効率的に釣れます。

根魚は良い穴に当たれば良型が入れ食いになる事も珍しくありませんが、種類を問わず成長するのも非常に遅い魚なので、いつまでも釣りを楽しむ為にも小型のものや必要以上のキープはできる限り避けることが釣り人のマナーです。根魚であれば一家庭4、5匹で十分ではないでしょうか。

参考タックル:

ロッド…プロマリン 極光テトラDX 130M
リール…ダイワ レブロス 2000
ライン…スーパーブレイド5HG 2.0号
リーダー…ダイワ ディーフロン船ハリス6号
仕掛け…ささめ針 ブラクリ VE803 (1~4号)
オーナー(OWNER) テトラ玉 4 B-3378
エサ…冷凍キビナゴ、冷凍イワシ、サバ・サンマ塩漬け(冷凍)

▶ロマンあふれる泳がせ釣りを次のページでチェック

スポンサーリンク

ロマンあふれる一発大物狙い!青物狙いのアジの泳がせ釣り

イナダ

秋口になると潮通しの良い堤防では、ルアーや泳がせ釣りでイナダ/ワラサ(ハマチ)・ブリ・カンパチなどの青物を狙う釣り人の姿も多く見かけますが、12月になるとそうした光景もあまり見かけなくなります。

しかし、実は12月でも青物を狙って釣ることは十分に可能です。特にこの時期は場所によっては80cmを超えるようなブリクラスも回遊していることもあり、ヒットすれば寒さなど吹き飛ぶような強烈なファイトを全身で体感できます。またこの時期は1年を通して最も脂が乗っており、食べても最高に美味しいので狙う価値は十分にあります。

釣り場は、秋口に青物が頻繁に回遊してくるような所であれば問題ありません。加えてアジやイワシなどのベイトフィッシュが常時回遊しているようであれば最高です。

道具ですが、メジロやブリクラスともなればそのパワーも凄まじいものがあるので、磯竿の5号大型スピニングリールの組み合わせのような頑丈なタックルを用意する必要があります。この釣りは1日にそう何度もアタリがあるものでは無いので、掛けた魚は確実に獲るという姿勢が重要になってきます。

エサは生きたアジを使用しますが夏や秋と違って現地調達が難しい場合もあるかと思いますので、事前に釣具店などで購入してから釣り場に持って行く方が間違いありません。アジは活かして堤防まで運ぶ必要があり活き餌バッグエアーポンプが必須です

この釣りでは通常の投げ釣りとは異なり置き竿は絶対にNGです。青物はヒットすると一気に走るので、目を離した隙に突然竿が海に引きずり込まれる状況になりかねません。釣りをしている方は経験があると思いますが、不思議とトイレに行っているときや、よそ見している時に限ってアタリが集中するので、集中力が切れてしまっても竿だけは必ず手に持っておいて下さい。尻手ロープの利用もよいかもしれません。

この釣りのコツは、エサのアジを常に元気な状態で泳がせることです。ウキを付けて泳がせる場合はウキの動きが少なくなったタイミングで一度仕掛けを回収して、確認し、アジが弱っていればすぐに新しいものに変えて投入して下さい。この作業を面倒がらずにすれば、ヒット率は大幅に上がるので意識してみて下さい。

参考タックル:

ロッド…プロマリンCB ギガフィールド磯遠投5-450
リール…シマノ  スフェロス SW 6000HG
ライン…ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 150m (3.0号)
リーダー…ダイワ ディーフロン船ハリス12号
仕掛け…Marufuji 大物のませ獲り R-101 針14号-ハリス14号
ハリミツ 大物泳がせ胴付き1本針 ハリス12号
ナス型オモリ10号
エサ…生きたアジ(一匹100円前後。季節と店舗により変動あり)
※餌を活かしておくには活き餌バッグエアーポンプが必要。

▶のんびりたのしいメバル釣りを次のページでチェック

のんびりたのしい冬のメバル釣り

良型メバル

メバルというと春告げ魚という名称もあり春先に釣れるイメージがあるかもしれませんが、12月頃から身近な堤防周りで釣る事ができます。

この時期おすすめなのが、シラサエビをエサにした探り釣りです。メバルも20cmを超えるような良型は引きもかなり強く楽しめますし、食味も上品な味わいで大変美味なので手軽に狙ってみて下さい。

探り釣りはエギングロッドやルアーロッドがあれば楽しむことができます。リールは小型のスピニングリールで十分です。仕掛けですが、下にオモリを付けるタイプの胴付き仕掛けを使用します。チョイ投げもできるので、ポイントが少し遠い場合にも対応できます。

エサのシラサエビを尻尾にチョン掛けすればあとは仕掛けを投入して探るだけです。堤防の曲がり角やケーソンの継ぎ目など潮の変化が生まれる場所や海藻等のまわりに居ることが多いので重点的に探ってみるとよいでしょう。

この釣りのコツとしてアタリが無ければ一ヵ所で粘らずにどんどん移動していく事です。数投してアタリが無ければそのポイントを見切るくらいの判断で次々と広範囲を探り歩いてみて下さい。

メバルは基本群れで行動する魚なので、ハマれば爆釣ということもあります。が、メバルも成長が非常に遅い魚なので、小型のものや必要以上のキープはできる限り避けることが釣り人のマナーです。

法律でも条令でも決まっていることではないですが、釣り人の良心をもっている方はそのキープは必要なのだろうかと自問自答してから持ち帰るとよいでしょう。

参考タックル:
ロッド…ルアーマチックS80L
リール…リバティクラブ1500番
ライン…スーパーブレイド5HG 1.0号
リーダー…ダイワ ディーフロン船ハリス4号
仕掛け…オーナー 胴突メバル3本 M-425
ハヤブサ(HAYABUSA) HD170 堤防メバル メバル・ガシラ 胴突2本鈎
ナス型オモリ6~10号
エサ…シラサエビ(一杯500円前後。季節と店舗により変動あり)

関連記事

季節は秋から冬へ。11月・12月に堤防で釣れる15種類の魚や釣り方・タックルを解説!

2018.11.02

関連アイテム

<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!