この記事は約12分で読めます。

身も凍える厳冬期。1月・2月に堤防で釣れる11種類の魚や釣り方解説!

横須賀うみかぜ公園でマコガレイを釣った
スポンサーリンク

1月・2月の堤防の状況は?

漁港内からみた小坪の町並み

晴れた冬の凪は昼間の釣りものんびりしていてたのしい

年も明け、1月になると防寒対策をしっかりしないと釣りどころではなくなります。北風が強い日も多く、堤防釣りもなにかときつくなってくることもしばしば。

地上と海中の温度では1、2か月のタイムラグがありますが、1月になってくると、あれほど堤防に群れていた小魚も姿を消しはじめます。全体的に魚影が薄くなることもあり、おかっぱりよりは船釣りがメインになってくる人も多いかもしれません。

一方、1月2月の厳冬期においても、ターゲットとなる魚は堤防のまわりに存在しています。この季節はシビアな釣りになることが多く、行き当たりばったりで闇雲に釣りをするよりは、狙った魚がいるだろう場所へ釣行し、魚の習性に合わせた釣りをするとよいでしょう。

寒いときに釣りを楽しむには、できるだけ晴天の日を選び風が少ない日を選んで釣行するとよいですし、北風が防げる南向きのポイントを探して釣行するのもよいでしょう。

今回は、そんな1月2月の堤防で釣れる魚や釣り方について解説します。

スポンサーリンク

1.カレイはちょうど産卵シーズンで喰い渋る。常夜灯回りの夜釣りがベスト

横須賀うみかぜ公園でマコガレイを釣った

カレイは寒流の魚で、水温が低いときにでもしっかり活動しています。

東京湾で狙う場合は、マコガレイが一般的ですが、1月2月はちょうど産卵シーズンやその直後で積極艇に餌を食べません。

一方、夜間に照明があたる浅場にはマコガレイがたまりやすく、一時的に夜行性になるのか餌の食いもよくなります。1月2月のカレイ釣りでは、そういった金脈スポットを探り当てれば数釣りすることも可能です。

反対に、いないところには一切いないのがマコガレイの特徴でもあるので、釣り場における過去数年の同時期のデータや釣具店やSNSでのリアルタイム情報などを頼りに、ポイントを絞っていくよいでしょう。

同じ釣り場でも、カレイがたまるところとそうでないところも顕著です。釣りにいったときはまわりのカレイ狙いの釣り人の投げる距離、ポイントなどの状況を常に分析しておきましょう。

もし、その時自分が釣れなくても、同じようなことを別の日にチャレンジすれば釣果につながるかもしれません。

マコガレイを釣る場合は、下げ潮もしくは上げ潮の前後1時間を集中的に釣るとよいでしょう。

夜間、常夜灯がついている浅場はプランクトンや小魚などが集まりやすく、カレイも集中的に餌を食べています。人気の釣り場は夕まずめ(1月2月は17時前後が日没)に到着しても場所が確保できないため、15時には到着しておくとよいでしょう。

もしくは昼前後の潮どまりに合わせて、その1時間前には釣りはじめてそこから延長してナイターカレイを狙うのもよいかと思います。

イワイソメのニオイで寄せてアオイソメの動きで喰わせる

餌はアオイソメだけでなく、イワイソメを混ぜるのが有効です。

夜釣りの場合、ケミホタルや装飾品で仕掛けを目立たせるのも効果的。

マコガレイがまた好調になるは、産卵後餌を積極的に食べ始める3月以降ですので、一時お休みするのも一つの手ではあります。

<関連記事>

堤防から狙うマコガレイ(カレイ)の釣り方と仕掛け解説

2018.04.09

<関連アイテム>

スポンサーリンク

2.アイナメは産卵シーズン。東京湾では数が少ないので幻。

アイナメ

アイナメは東北でよく釣られているイメージがありますが、カレイ同様、寒流を好む魚です。そのため真冬の1月2月でも狙って釣ることができます。

東京湾の場合、マコガレイ同様かなり数が少なくなってきています。産卵期に重なる点をふまえて乱獲は慎みたいものです。

アイナメは根回りや岸壁際につくため、まず海底地形をチェックしましょう。

一見なんの変化もない広い堤防や岸壁でも、岸壁の崩れによる根や、捨て石による変化があり、アイナメはこれらの構造物の周りに生息しています。

根周りを狙うということもあり、エサ釣りであれば軽めのブラーなど、ルアーであればワームのテキサスリグなどがオススメです。

アイナメもイワイソメへの反応がよいですが、虫エサ以外にも蟹やエビ類への反応も良いといえます。

赤い色に反応すると言われており、ブラーやワームは赤系を選ぶとよいでしょう。

ちなみに、岸壁際や見える範囲の根回りは多くの釣り人に攻められきっています。沖の沈み根まわりなど、あまり攻められていないエリアにブッコミ釣りでネムリ針に房掛けにした虫エサを投げると釣果につながることもあります。

<関連アイテム>

水深が5m以下で、潮が速くないエリアの場合、足元にできるだけ軽めのブラーを落とし込むとよいでしょう。遠投して沖根を狙う場合はジェット天秤にネムリ針がついた投げ仕掛けがオススメです。

3.アナゴは寒くても釣れる。夕まずめからスタンバイ!

ちょうどいい型のアナゴ

アナゴも厳冬期に狙って釣ることができる魚です。

夜行性のため、夕まずめから釣り21時ぐらいまでを目安に釣るとよいでしょう。これは巣穴をでたアナゴが餌を探っていくときに最初の時合を逃さないためです。

21時を超えると、あまりアタリもなく、また朝方にアタリが出ることが多いと言えます。

水深5、6m程度の浅場でも釣れますが、発電所など温排水が絡んだエリアで砂泥底のポイントが狙い目です。付近に根があるところも日中のアナゴの隠れ処になるので砂泥底との際に餌を落としておきましょう。

餌はアオイソメのような虫エサでも釣れますが、サバやサンマの身餌を使うのがオススメです。

<関連記事>

【保存版】どこよりも詳しい!アナゴの釣り方と餌・仕掛け・料理レシピを解説

2017.12.05

<関連アイテム>

4.ハゼは落ちたものをじっくり狙う。放置が吉。

釣れたマハゼ

秋が旬のマハゼですが、その後は航路や湾内の深場に落ちて産卵に備えます。1月であれば、まだこのマハゼを狙って釣ることはできるのですが、コツがあります。

  • 昼間でも釣れるが夜釣りのほうが釣れる
  • 航路や湾内の深場にキャストして届く堤防や岸壁から釣る
  • 餌はアオイソメを大きめにつける
  • キャスト後は基本的に動かさない。10分に1度程度30cm~1m仕掛けの場所を変える
  • 居食いをしやすいので注意(天秤の種類や竿の穂先が硬いとあたりが出ない)

この季節になると餌をほとんど食べないため、ややほっそりとしたシルエットになりますが、1尾のサイズは大きくなるので食べ応えがあります。

一部河川の河口では、夜間の干潮時に水深1m程度のエリアでライトを照らすとマハゼがまばらですが目撃できます。こういった個体はライトを間接的に照らし目前に餌をたらすと見釣りすることも可能です。

ウロハゼ

こちらはマハゼによく似ているがウロハゼという種類。

<関連記事>

【保存版】初心者・親子で楽しめるハゼ釣りの魅力・釣り方・コツを徹底解説!

2018.07.23

5.イワシは潮通しの良い堤防際に大量回遊。100尾もかんたん

地引網 ウルメイワシ 大量

1月の厳冬期、エリアによっては港内に大量のイワシ類(カタクチ・ウルメ)やトウゴロウイワシ(ボラの仲間)が接岸していることがあります。東京・神奈川エリアでは、三崎港などがこのようなポイントです。

イワシ類は釣り物が少ない冬でもイワ最も簡単に釣れるターゲットです。

一番釣れる方法はアミコマセをつけたトリックサビキです。

イワシとはいえ、サビキの存在を見切るので、ハリスは1号未満・ハリの大きさも小型にするなどすれば釣果もあがるはずです。

冬場にアミコマセを解凍するのは大変なので、アミ姫などのパッケージ入りの常温保存品をつかってもよいでしょう。

<狙い目のポイント>

三崎港は毎年年明けまでカタクチイワシやウルメイワシが接岸していて、簡単に釣れます。

三崎港の釣りポイント4つと釣り禁止エリア。狙える魚と釣り以外のプランのオススメを解説

2018.01.15

<関連アイテム>

6.カサゴは寒い時期に口をつかってくれるうれしい魚

福浦岸壁 釣り カサゴ

カサゴも1月2月の厳冬期に岸から狙って釣れる魚です。

日中釣る場合は水深が数メートルあるテトラや岩場の間の穴釣りがオススメです。夜釣りでは根回りや根がない岸壁際でも釣ることが可能です。

穴釣りではブラーでの釣りが一般的ですが、夜釣りでは2g以下のジグヘッドにイソメやワームをつけたものがよいでしょう。カサゴも上から落ちてくる餌に反応しやすいため、できるだけ軽めの錘で釣ると釣果を上げることができます。

<関連記事>

堤防や穴釣りでカサゴ(ガシラ・アラカブ)を釣ろう!釣り方とノウハウを徹底解説

2018.02.02

あなたの特餌は何?カサゴ(ガシラ・アラカブ)の釣り餌17選!!

2018.11.06

<関連アイテム>

ルアーは蟹系のほかグラスミノーがよく釣れます。

7.ムラソイは冬でもひざ下の水深で釣れる

城ケ島ムラソイ

ムラソイはカサゴによく似た魚ですが、カサゴよりさらに浅いエリアに生息しています。

ゴロタ浜で釣り

ゴロタ浜

一番ムラソイが生息しているエリアはゴロタ場と呼ばれる石が積み重なったエリアです。真冬でも水深30cm程度あればムラソイは釣れます。

基本穴釣りですが、エサはイソメやオキアミやサバの切り身、ルアーは蟹やエビを模したものがよいでしょう。カラーは白やピンクや赤など、視認性が高いものが効果的です。

カサゴ同様、ムラソイも釣るのが簡単な魚です。

魚がいれば誰でも釣ることができます。

一方、一つの場所から魚を釣って持ち帰りすぎると、次第にその場所は小型の個体のみしか釣れなくなってしまいます。持ち帰る量など考慮しましょう。

<関連記事>

水深30㎝で釣れる!?穴釣り・ゴロタ場で狙うムラソイの生態・釣り方・レシピを解説

2018.07.21

<関連アイテム>

ストレートワームでもなんでも釣れますが、ワームが壊れやすいので堅い素材を選んだほうが手返しがよいと言えます。どちらかというとリアクションの釣りなので餌をつかないでワームで釣るほうがお手軽です。

8.メバルは産卵がらみで食いが悪くなるも地域差あり

良型メバル

エリアにもよりますが、1月2月のメバルは産卵期にあたります。

そのため、産卵に絡んでいるより大型の個体は狙いにくいですが、アタリの少ないルアー釣りで小型の個体を数釣ることができる貴重な魚でもあります。

港内で常夜灯に群れている個体や、根回りや海藻上につく個体など、それぞれのパターンがあるため飽きず楽しめます。

メバルもカサゴ同様、回遊性が低く同じポイントで釣りすぎると魚影が極端に薄くなってしまう魚です。

義務ではないですが、リリースメインで釣ったり、抱卵個体は積極的にリリースしていくとよいでしょう。

9.ヤリイカは産卵がらみで接岸。群れで爆釣可能!

相模湾ヤリイカ

沖釣りのターゲットと思われがちなヤリイカですが、毎年1月~3月は集団で浅場にきて産卵行動をとります。

根や海藻がしげっているエリアに隣接した堤防を選び、餌巻きスッテや小型のエギで狙うとよいでしょう。

全長は長いもののアオリイカやコウイカのような重量感はないため、メバリングロッドなどでも十分対応可能です。

<関連記事>

【爆釣も可能!】冬場に岸から狙えるヤリイカの釣り方・食べ方解説

2018.02.20

<関連アイテム>

エギは3号未満が抱きやすいようです。ストームのワームエギはメバリングロッドなどでも簡単につかえてかなり釣れます。ヘッドの重さは軽めのナス型オモリで調整してもよいでしょう。基本的にエギでつれますが、群れの状態によってはエギの動きに反応せず、浮き釣りでの餌巻きスッテの浮遊する動きにしか反応しないこともあります。こんなときは、飛ばしウキをつかって小型のスッテをキャストして放置するのもオススメです。

10.ウミタナゴはのんびり浮き釣りで狙いたいターゲット

ウミタナゴの写真 丸田大介さん提供

ウミタナゴはメバル同様、春告魚と呼ばれますが、厳冬期にもよく釣れるターゲットです。ちょい投げやへチ釣りでも釣れますが、浮き釣りが一番効果的です。

餌は、オキアミ・イソメでアミコマセを撒きつつ釣るとよいでしょう。

堤防や岸壁でも海藻が付近にあるところがよく釣れるポイントです。

<関連記事>

ぬお。お尻から小魚がぷりぷりでてきたぞ!ウミタナゴの釣り方・ポイント・料理レシピを解説

2018.08.07

11.シーバス(スズキ)はマイクロベイトかバチパターン

シーバス

1月2月の夜間はシーバスことスズキを狙って釣ることができます。

1月からバチ抜けと呼ばれるゴカイ類の産卵行動がおきますが、その際に盛んに餌をとるようになります。

また、港内に退避しているイワシ類を餌にしていることもあるので、都度パターンを考えながら釣りましょう。

餌が少なったり餌のサイズが小さい場合、マイクロベイトパターンといって、小型のワーム類などしか反応しないこともあります。

シーバスの胃の内容物

冬季に横浜で釣ったシーバスを調理した際の胃内容物

こういったパターンのシーバスの胃袋を開いてみると、小型のカニ類やシラス(イワシ類)などを捕食しています。同じシーズンでも食べている餌に合わせた釣りが必要という点でおもしろいターゲットです。

<関連アイテム>

マイクロベイトパターンのシーバスは、2g前後のジグヘッドにグラスミノーSSをつけて釣るのもオススメ。メバリングタックルで十分釣ることができるもののドラグ設定やランディングネットの用意なども必要。

1月2月の釣りは防寒対策は十分すぎるぐらいがオススメ

ストームの五目ジグヘッドエギを発見

関東エリアでも1月2月の釣りは夜間や明け方など氷点下になることもあります。

冬の釣りは寒さを我慢できないと成立しないため、十二分に防寒対策をして釣り場に臨みましょう。

  • ニットキャップ
  • ネックウォーマー
  • インナーのヒートテック上下
  • 腹巻
  • ヒートテック上に貼るホッカイロ
  • フリースなどの上に防寒ジャケット
  • 指切りのチタニウムグローブ
  • 防寒シューズ
  • 手を温める用のウォーマー

などなど。

<関連記事>

冬から春の釣りはサーモスの真空断熱ケータイマグが温まる

2017.03.31

冬の釣りにはZippo(ジッポー)ハンディーウォーマーがあったかい!

2017.12.11

使い捨てカイロはどこに貼るのがよい?真冬の釣りに便利な防寒アイテムをチョイス!

2018.02.03

寒くて堤防に釣り人がいない真冬の1月2月こそチャンスなのかも

寒くて堤防から釣れる魚も少なくなる1月2月は、1年でもっとも釣り人が少ないシーズンかもしれません。

人が少ないということもあって、人気の釣り場も閑散としているので、釣れない場合はキャスト練習と割り切ってみたり、ポジティブに遊んでみるとよいかもしれません。

1日真冬の野外で釣りをしていると、身体を動かさないということもあり、身体の芯まで冷えてしまいます。

こうなると風邪もひいたり体調も崩しやすくなるので、帰りがけに温泉によったり、おいしいラーメン屋によって暖をとるのもこの時期の楽しみ方なのかもしれません。

寒くて魚なんか釣れないよ、と、思ってこころが折れそうになったときの一匹は格別なので、ぜひ味わってほしいと思います。

関連記事

北風吹き荒ぶ船上。1月・2月に船釣りで狙える12種類の魚・釣り物を紹介!

2019.01.23
<お知らせ>
🎣Amazonの釣り漫画セール「釣りバカたち」シリーズが3円!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」