2,057 PV

この記事は約10分で読めます。

イシモチの釣り方を解説!味の評価は賛否両論?

良型のイシモチ釣った
スポンサーリンク

イシモチについて

良型のイシモチ釣った

イシモチという名前は通称?

主に湾内の砂泥底・砂底の浅場で釣れる魚。釣りでイシモチと呼ばれる魚には複数種類いて、一番多く釣られるのが標準和名シログチ。他にも、おなじニベ科のニベ、コイチなども、「イシモチ」と呼ばれている。

イシモチの言葉の由来は、ニベ科の魚の頭部に大き目の耳石があるため。頭部をつかった料理などをたべると、毎度驚かされる。

水分が多く鮮度落ちしやすい

この魚は水分が多く鮮度落ちしやすい。

漁業では網で漁獲され、野締めのまま数日をへて流通するため生食用としてスーパーで並ぶことがすくない。

釣りで狙う場合、釣りあげた後の下処理と輸送方法により、新鮮な刺身を味わうことができる。

釣りの季節

周年釣れる釣り物ではある。が、おかっぱりは初夏から秋、沖釣りでは冬場から春までがベスト。

スポンサーリンク

岸でも船でも釣れるが、船釣りは数十匹単位で釣れることも

雨後の濁りが入っているときなど岸からの投げ釣りでもよく釣れる魚だが、船釣りであれば数十匹以上まとまって釣果がでることも多い。

東京湾では専門の釣り船もでていて、LTアジ釣りなどのゲストでも釣れることが多い魚でもある。

主に砂泥底を狙い、ときには30㎝を超える良型のものも混ざる。

単体で釣れることがすくなく、釣れ始めると、バタバタと連続で釣れることも多い。

スポンサーリンク

イシモチ釣りのタックル

船釣り

イシモチは、比較的神経質でエサをくわえてから一気に食いまない特徴がある。そのため、アタリがでてから違和感を感じられないように、食い込みに良さを考慮してタックルを選ぶとよい。

グラスロッドの汎用タックルであれば、1本4,000円程度から手に入る。

ロッド

汎用的なLTタックルで問題ない。先調子のものよりは、胴調子の竿のほうがイシモチの食い込みがよく釣果もあがる(勝手に釣れる)

一方、先調子でも釣り方によっては十分釣れる。先調子のロッドの場合、竿を水平以上に構えておき、アタリがあってからイシモチに違和感をもたれないようにゆっくり送り込むとよい。この送り込みでイシモチは餌を安心して飲み込む。

胴調子の竿の場合、この送り込みを竿が勝手におこなってくれるとイメージしておけばよい。そのため置き竿でも問題ない。

リール

レブロス2000(2015年~)

特別なものは必要ない。小型の両軸リールやスピニングタックルを用意しよう。

浅場かつ底上を狙うのとナイロンラインを使う釣りでもあるのでチョイ投げ釣りなどでつかっているナイロンを巻いたスピニングリールをつかうのもよいだろう。

道糸とハリス

食い込みの良さからナイロン5号を100メートル巻く等の推奨をしている船宿もある。

巻替え等が手間な場合、ライトタックルに巻いたままの1号前後のPEラインでも問題ない。さほど引きが強かったり歯が鋭いわけ(多少はある)でもないのでハリスは2から3号あれば問題ない。

PEラインにナイロンの先糸を2メートルほどつけるなどでもPEラインよりのみよりは感度を鈍らせるという点で多少効果はある。

道糸やオモリについてはオマツリをさけるため船宿の指定もある。必ず確認してから釣行しよう。

仕掛け

胴付き仕掛けで狙うことが一般的。市販品では、カサゴとあわせて狙う根魚五目仕掛けといったものが手に入る。ビーズ等の飾りによって価格が変わるが、シンプルな船宿仕掛けでも問題なく釣れる。好みで使おう。

オモリは水深にもよるが25号程度を使うことが多い。とくに飾りがついたものではなく、シンプルなもので問題ない。

釣り餌 サバ短冊とアオイソメ

アオイソメの頭部へチョンがけして1本つけるのが一般的。長すぎるものは垂らしをみじかくし、カットしたものを2本がけする釣り方もある。その日の喰い方などによって考慮していこう。

アオイソメは比較的頑丈な餌なので、1つのエサで、数尾釣るまで使いきることも可能。

船宿で支給されるイソメは細いものが多い。持参する場合、イシモチの吸い込みを考えると、あまり太いものは避けたほうがよいかもしれない。

虫餌が苦手な人の場合は、ガルプやパワーイソメを用いる方法もあるが釣果は活餌に劣る。

イシモチの釣り方

船釣り 子供 初体験

なにもしない釣法

着底後、おもりを底上でとめてなにもせず待つ。1、2分たってアタリが出ない場合、1メートルほど巻き上げ、再度底上に仕掛けを落として待つ。

波が強いときは、底上で仕掛けが上下しないように竿のうごきでカバーするとよい。

投げてゆっくりずる引き

アタリが一度も出ず、船の下に群れがいないと思われる場合は、下手投げでキャストをして、ゆっくりズル引きしながら広く探る方法もある。さびいたあとに、1分ほど喰わせの時間をとるとヒットしやすい。

あわせないでも大丈夫

アタリは、イソメを丸呑みするというよりも、すこしずつくわえこんでいくような反応がまず穂先に出る。穂先のアタリがだんだんと胴までのってきたときにゆっくり巻き上げれば向こう合わせてヒットする。

アタリがあってから、あわてて合わせると、すっぽ抜けることが多いので、すこし放置ぎみでよいだろう。そのためにあまり鋭敏でないタックルのほうが向いていると言われている。ナイロンラインの道糸を使うのも同じ意味合いがある。

追い食いを狙う

釣果をさらに上げるためにはアジ釣り同様、追い食いによる多点がけも効果的。

アタリが頻繁にあり、周囲にイシモチがむれていることが想像されるときは、1尾のったことを確認し、さらにリールを1回転ほどまき、そのまま放置してみる。

ここで、さらに重みが加わり全体の重量感がませば2尾がけできている。

取り込み

胴付き仕掛けのハリスが2号~3号なのと、イシモチ自体の重量があまりないため、基本的には網を使わず、ハリスをつかみ船内に取り込んでしまうのが一般的。

針がかりしてしまえばバレにくい魚でもある。

釣った後

釣れたらすぐにエラ蓋のつけねをカットして、海水をはったバケツのなかで放血しよう。いつまでもバケツのなかに入れっぱなしにせず5分程度で血抜きは終わったと判断し、潮氷(海水+氷)をいれたクーラーボックスにしまうこと。血抜きは、刺身など生食で美味しくいただくためには必須。

イシモチ釣りのゲスト

アジ

船釣り つれた

ややポイントが重なるところもあり、マアジが釣れることもある。コマセを用いていないので、単発的に釣れる程度。

アナゴ

八景島で釣ったアナゴ調理

曇りの日や潮が濁っている場合、昼間の釣りでもアナゴが釣れることもある。釣れてうれしいゲストの一つ。初心者は処理にこまるかもしれないが、美味しいので料理にもチャレンジしてほしい。

マコガレイ

季節とエリアにもよるが、砂泥地帯に粒根がまじったエリアはマコガレイの生息域でもある。イシモチがたくさん釣れ過ぎて釣りに飽きたら、エサを房掛け気味にし、キャストしてずる引きすることでマコガレイヒットの確率を増やすことができるかもしれない。

イシモチ料理

刺身

釣り上げた当日は刺身で食べるのもよい。釣り人ならではの食べ方。冬季~春までのイシモチは脂ものっていて大変おいしい。適切に下処理をして水分をぬきつつ寝かせると旨みも増幅する。

リストランテORETSURI第3回~料理編(@逗子キッチン)

2018.04.06

なめろう・ゆっけ

アジのなめろう

三枚におろしたものをたたいて、味噌やネギ・生姜・柚子皮を混ぜ合わせたなめろうは酒飲みにはたまらない。

コチュジャンと焼肉のたれにごま油をまぜてたたいたイシモチと和えるとユッケ風にもなる。

リストランテORETSURI第3回~料理編(@逗子キッチン)

2018.04.06

昆布締め

イシモチは水分が多いため、塩をふってすこし水分をだしたあとに、昆布締めにするのもよい。塩分で水分がぬけつつ、旨みを補完できる。

昆布締め茶漬け

昆布締めにしたイシモチを少なめにもった白飯にもりつけ、昆布だしをかけ、大葉、すりごま、万能ねぎ、などの薬味をかけて食べると絶品。

塩焼き

これは釣り人でなくてもできる料理だが、新鮮なイシモチの塩焼きもやはりシンプルでおいしい。下処理したイシモチに、強めに塩をふり、20分ほど冷蔵庫にいれておくと水分が抜ける。そのあと、キッチンペーパーで水分をぬぐいつつ、再度塩をふって焼く。

干物

たくさん釣れた場合は干物にするのもよい。ラップをして冷凍庫で1か月は持つ。市販されていないので、魚好きの人にあげても喜ばれるかもしれない。

アクアパッツァ

アクアパッツァもおいしい。釣れたゲストともども、皮目をオリーブオイルでしっかり皮目を加熱してから白ワインで蒸し上げよう。

リストランテORETSURI第3回~料理編(@逗子キッチン)

2018.04.06

かんたん清蒸

釣ったイシモチの酒蒸しXO醤ソース

清蒸(チンジョン)は、熱烈なファンもいるイシモチ料理。これを蒸器を使わずレンジで作る方法も楽でいい。

下処理したイシモチに日本酒か紹興酒をかけてラップをして電子レンジ強で数分加熱する。サイズによって加熱時間を調性しよう。

別鍋で、ごま油に、みじん切りのにんにく・しょうが・青ネギをいれ、熱しておき、蒸しあがったイシモチにかける。香味油にXO醤を使うとさらに絶品。

本物のイシモチを食べる方法を教える!

2018.02.25

新鮮なイシモチはうまい!

イシモチは水分が多いということもあり、鮮度劣化が早い。アジやキス釣りのゲストで釣れたものをバケツにいれておくといつの間にか死に、白っぽくなってしまう。こうしたものを食べればもちろんまずい。

一方、船宿のスタッフの中にも、「一番うまい刺身は、いいときのイシモチ」というようなことを言う人がいる。

きちんと活き締めをして、ぜひ刺身を味わってみよう。とくに冬から春のイシモチの刺し身は絶品だ!

関連アイテム

<お知らせ>
ORETSURIに寄稿してみませんか?
ORETSURI読者の集い『釣りトーク』
らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!