1,714 views

この記事は約14分で読めます。

9月・10月に釣り船やボートで狙える魚と釣り方まとめ(カワハギ・アマダイがシーズンスタート!)

角で釣れたカワハギ
本記事では地域差はあるものの、9月・10月に海の船釣りで釣れる魚について解説します。魚種は随時追加していきますのでお楽しみに!
スポンサーリンク

9月・10月の海の状況は?

海

9月・10月の海は台風さえこなければ釣りやすい海。

9月になると毎年台風が数多く通り過ぎますが、9月中旬以降~10月になると本数が落ち着き、晴れ間が多くなってきて絶好の釣り日和になることもしばしば。

9月中は気温も30度に近づくこともあり、紫外線は強いので日焼け対策は必要です。

この時期の釣りは浅場に回遊するベイトについた魚食性の高い魚と、冬にむけて水温が安定する深場に落ちていく魚を狙うのがメインです。

スポンサーリンク

ややタナが深くなる『秋タチウオ』

タチウオ釣りゲット

タチウオはもともと温暖な海に生息していた魚ながら、近年の温暖化で生息域が拡大していると言われています。

もともと夜行性の魚ですが、夏場は昼間でも水深20m以深で釣れていたタチウオはやや深場に移っています。

水深100m前後を狙うこともしばしば。手巻きリールでもハイギヤモデルを選べば十分チャレンジできますが、手返しを考えると電動タックルが有利。

またヒットしてから巻き上げるまでに時間があるためハリス切れやPEラインからの高切れも起きやすい時期でもあります。船宿のごとのオモリやラインの号数指定を守りつつ楽しみましょう。

フックは2/0以上、チモトのハリスガードも効果的になってくる時期です。深場で潮の濁りや天候によって暗いときは、水中ライトを用いるのも効果的です。

また、状況によっては水深30m以深も探ることがあるのでオモリの号数は船宿に確認しつつ複数用意しておきましょう。

<オススメのアイテム>

<秋タチウオ関連記事>

東京湾の秋タチウオ釣りにいってきた

2017.09.19
スポンサーリンク

『マゴチ』はまだ釣れるが9月中が一つのめやす

神奈川 手漕ぎボート マゴチ釣った

水深20m以深で主に釣れるマゴチ。東京湾を中心に人気の釣り物です。

マゴチは餌となるシロギスやメゴチが浅場から姿を消すのとあわせて浅場から徐々に移動していきますが、近年は温暖化のせいか浅場に1年中とどまっている個体もいるようです。

金沢八景野毛屋 マゴチを釣った

2月に湾フグ釣りのゲストでスレがかりしたマゴチ(野島沖、水深20m前後)

遊漁船での釣りはカワハギなどの釣り物との入れ替え戦で、9月一杯を目安にシーズンが終わるのが一般的ですが、手漕ぎボートでは10月以降も狙うことが可能です。

一方最盛期の7月、8月よりはアタリの数は少なくなるので我慢の釣りになります。もし手漕ぎボートで狙う際は、砂地のツブ根周りを流し釣りで狙いつつ、合わせてカワハギを狙うとよいでしょう。

<マゴチ釣り関連記事>

駆け引きが面白い!船やボートで狙うマゴチの釣り方解説

2018.04.11

肝パンの『カワハギ』が狙える

角で釣れたカワハギ

9月以降、水温が下がるにつれて、浅場に散っていたカワハギがツブ根(砂地に点在する根)に固まりはじめます。

この時期は1年でもっともカワハギを数釣りできるチャンスでもあります。

ボートの場合、ボート店スタッフにポイントをよく聞きつつ、海底地形に注意しながら釣りをするとよいでしょう。

小型の魚探があるとさらに安心です。

釣り船の場合は常に船長がポイントを移動してくれるため、新鮮なポイントを狙うことができます。一方、ボート釣りでは、自分で移動する以外に、ツブ根付近でコマセを撒きつつカワハギを寄せながら釣りをするのもよいでしょう。

アミコマセをもちいたライト五目仕掛けを1本落としておき、反対側でカワハギを釣ると効果的です。

コマセをつかわず、ポイントもわからない場合はボウズになることもあるので、まずはカワハギが固まっているツブ根まわりを探しましょう。

<オススメのアイテム>

<関連記事>

第1回ORETSURIカワハギ初心者杯2017を開催しました

2017.12.25

高級魚『アマダイ』のシーズンイン!

アマダイ36センチ

アマダイは潮が澄み始める秋から春までの期間狙われる釣り物です。

底荒れすると極端に食いが悪くなるため、台風などの時化後の釣行は控えたほうが無難です。水深は60mから110m程度まで狙うことが多いですが、電動リールでなくてもハイギヤの手巻き両軸リールでも十分チャレンジ可能です。

この釣りで重要なのは穂先が繊細なロッドを利用することです。

ゲストやアマダイによって餌がちぎれたりずれると極端にあたりが減るので常に、エサの存在を気にかけつつ5分に1回は餌のオキアミを交換していくと、結果的に釣果が伸びます。

<オススメのアイテム>

7:3よりは8:2のライトゲームロッドが有利。また食い込みがよい形状記憶合金の天秤が人気。オモリはスカリーのピンクグロー50号をつける人が増えてきている印象。

<アマダイ関連記事>

ライトタックルで狙う高級魚『アマダイ』の釣り方とコツを徹底解説!

2017.10.03

イワシをおって回遊する『カツオ』『キハダ』を狙う

カツオをさばく

秋のカツオは、エサを豊富に食べて丸々と太っています。相模湾を中心にカツオやキハダ(キメジ)を狙う船も9月以降も出船しています。

群れを捕捉して狙う能力は船宿(連携している漁港単位)で異なるため、船宿ごとの釣果を数日見定めながら予約しましょう。

タックルはヘビーなもので、カツオはマグロ用のタックル以外にあまり応用がきかないため初心者のうちはレンタルタックルで挑戦するのがオススメです。

夏はやっぱり大物釣り!相模湾キハダマグロ・カツオ釣りの回想【なかけんの食べ釣り】

2017.12.12

ライト五目がいろいろ釣れておもしろい

ライトゲームBBが曲がる!

ライト五目、ライトタックル五目、LT五目、ウィリー五目、アミ五目等と様々な名前で呼ばれる五目釣りは、アミコマセを撒き餌にして、空針もしくは、つけエサをオキアミにして水深30m程度を狙う釣り物です。

船宿ごとに、ポイントのレパートリーがあり、アジを狙う場所、イナダ等を狙う場所、イシダイ・ハナダイなどが狙える場所と、複数個所のポイントをめぐってくれるため、根魚から回遊魚まで多種多様な魚が釣れます。

LTアジ釣りなどのライトゲームロッドで併用できる気軽な釣りものなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

イシダイ

食味も引きも最高峰のイシダイ

イナダ

秋によく釣れるイナダ。連発することも。ときおりワラサクラスも混じる。

釣ったアジやサバ

アジ(マアジ・マルアジ)やサバもよく釣れるシーズン。特に脂乗りがよくなった大サバが美味。

<関連アイテム>

7:3の竿が比較的使いやすい。

<関連記事>

東京湾・相模湾のライトタックル五目(ウィリー)にチャレンジしてみよう!タックル・釣り方を詳しく解説

2018.01.17

ヒラメの型もよくなって美味しくなってくる季節

相模湾船釣り ヒラメ

夏の間は比較的数釣りができるものの食味という点では、まずまずといったヒラメも、秋から冬になってくると大型の個体が釣れ始め、肉づきもよくなってきます。

イワシやアジなどのベイトがたまる海底でじっとしているだけでなく、状況が良い場合は、ベイトを積極的に追い回しているヒラメもいます。

このシーズンはワラサなどのアタリも増えるため、ヒラメを狙っていたらワラサが、ワラサを狙っていたらヒラメがという釣果も目立ってきます。

基本的に胴付きで、遊漁船の場合はオマツリをさけてハリスを1.5m前後にするのが一般的。相模湾や東京湾のLT五目船、アジ船によっては、混雑状況によってはヒラメやワラサの泳がせ釣りができる可能性もあります。

希望する場合船長に相談して許可を得ておきましょう。

<オススメのアイテム>

<関連記事>

手漕ぎボートでヒラメを狙おう(釣り方・仕掛け・攻略法を解説)

2018.06.21

そろそろ本題に入ろうか。高級魚をもとめて相模湾でLT五目&泳がせ釣りに挑戦してきた!|@平塚庄治郎丸

2018.01.29

テンヤ・タイラバやコマセで狙う真鯛五目

金田湾のボート釣りで真鯛

秋以降、水温が下がるにつれて真鯛が深場に落ちていくわけですが、9月、10月は1年でも真鯛がまとまりやすく釣りやすいシーズンといえます。

東京湾の場合、もともとコマセで狙う真鯛が有名でしたが、近年は一つテンヤやタイラバを楽しめる船も増え始めそれぞれ好釣果を上げています。

テンヤやタイラバは単に底をとって仕掛けを上下させて真鯛のバイトを誘う釣りと思われがちですが、巻き上げのスピードや、底上での挙動など、微妙なアレンジが釣果にも繋がるので玄人好みの釣り物でもあります。

<関連アイテム>
タイラバでは一定速度で巻き上げるという基本動作が重要になってきます。専用リールでは巻き上げ速度がデジタルにわかるため、より精確なリーリングが可能です。

<関連記事>

高波でゲロッパ。はじめての真鯛を求めて@久里浜網屋丸|釣り初心者下衆大将が行く

2018.09.18

エギイカで船のエギングを

野島沖堤防で釣られたアオリイカとコウイカ

出船している船宿はそれほど多くありませんが、スミイカ(コウイカ)を狙う釣り船が出船するのもこのシーズンです。特に東京湾ではおいしいターゲットとして知られていて、刺身のほかに、天ぷらがオススメです。

エギの号数は2号、3号、10号前後の中オモリをつけて基本的に底上付近を狙います。おかっぱりのエギングと異なる楽しさもあるので、エギングファンは一度チャレンジしてみるのもよいでしょう。

スミイカはエギで狙うほか、テンヤにシャコをつけて釣る方法もあります。船によっては両方楽しむことができるのでチェックしてみましょう。

<関連アイテム>

落とし込み釣りで大型の魚を狙う

相模湾船釣り ワラサ

九州では特に人気な落とし込み釣り。

太ハリスのサビキで、アジやイワシ・小鯖等を食わせ、そのままフィッシュイーターがいるタナまでおとして、ワラサ、ヒラメ、ハタなどの大型の魚を狙っていく釣りです。

関東では、出船している船宿が少ないですが、茅ヶ崎港では秋から冬のベイトがまとまるシーズンに複数の釣り船が出船しています。

本場九州では10~20㎏のヒラマサやハタ類をはじめとした大型の魚が釣れるため、ハリスは最低でも10号ですが、相模湾の場合はワラサ以下のクラスや中型ヒラメメインの釣りのため、ハリスは10号以下が良く用いられています。

船宿によってはハリス5号程度のサビキを利用してイナダをメインに狙うことも。その日その日で狙う魚や仕掛けが変動するのでよく確認して臨みましょう。基本的に電動リールタックル必須です。

<関連アイテム>

イイダコ

釣り上げたイイダコ

東京湾でも神奈川側は専門に狙う船が少なくなってきたイイダコ。主に狙う場合は、金沢八景や金田湾など三浦半島のボート店から出船するとよいでしょう。

仕掛けはイイダコテンヤもしくは小型のエギで、シロギス釣り等のライトタックルが併用できます。イイダコだけ専門に狙うよりは、ボート下にテンヤを落としておき、カワハギ釣りやライト五目とあわせて狙うと釣果に落胆しないですみます。

<関連アイテム>

9月・10月の船・ボート釣りのまとめ

アマダイ釣り船

台風が過ぎるごとに地上は涼しくなりますが、まだ海は夏といった状況なのが9月、10月。

釣り船は船に限りがあるため、シーズンごとにもっとも釣れる旬の魚を狙っていきますが、手漕ぎボート等では、マゴチなどのややシーズン外れな魚もまだまだ狙うことができます。

初心者の場合、釣り船であればライト五目がもっともチャレンジしやすく、まぐれでイシダイなどの高級魚も顔を出すかもしれません。釣果は、どのポイントを回っているかによって変わってくるため、船宿のSNSアカウントをフォローするなどして、連日の釣果を見守っておくとよいでしょう。

9月からシーズンインする釣り物としては、近年特にアマダイやカワハギが人気です。食味もよいですし、釣りとしての魅力も奥深いので、いろいろと研究して足を運んでみましょう。

夏の暑さで釣行を控えていた釣り人も動き始めるシーズンですので、週末の釣行を予定している場合はしっかり船宿の予約をして釣り座を確保することをおすすめします。

秋の釣りの関連アイテム

もう夏もさったとおもっていると、かなり日焼けをしてしまうのが秋。紫外線対策はしっかりして釣りに臨みましょう。

10月後半からは、サンダル系だと足元が寒くなってくるため、防寒対策が必要になってきます。

関連記事

季節は夏から秋へ。9月・10月に堤防で釣れる15種類の魚やタックルを解説!

2018.09.10
<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!