3,462 views

この記事は約7分で読めます。

【保存版】はじめての手巻き船リールの選び方

リール300HG

はじめての船竿選びにつづいて、はじめての船リールの選び方をお送りします。

船宿のレンタルタックルについて書いた記事にいろいろなコメントをいただきました。

【釣り初心者要チェック!】船宿のレンタルタックルで確認したい4つのポイントとは!?

2017.09.18

レンタルタックルの中でもリールは特に不具合が多いなと感じています。

  • クラッチが壊れている
  • スムーズにラインが巻けない

などなど。

いざ本番で困らないためにも、やはりマイリールがあると便利ですね。

船リールの特徴について

釣り船で使われるリールはベイトリールというものがほとんどですが、おかっぱりの釣りと異なるのは、手巻きと電動リールにわかれるというところです。

手巻きリール

ライト五目釣りやアジ釣りなどで一般的に使われているリールは手巻きリールです。それほど深場を狙わない釣りで、手持ちの動作が多い場合は手巻きリールが扱いやすく、1日釣りをしていても疲れません。

電動リール

水深が100メートル付近をこえると手巻きリールでの巻き取り作業が困難になってきます。対応できなくはないのですが、巻き取り作業で腕がつかれることもしばしばです。また、泳がせ釣りで大物を狙う際などで巻き取り力を強くしなくてはいけないときは電動リールが効果的です。

アマダイなどのライトかつゲストのアタリにも敏感である必要がある釣り物に関しては、常に釣り竿を手持ちで釣ることが釣果を高めることにつながりがちですが、平均的なタナが水深100メートル前後のため、仕掛けの回収による手返しを考えると電動リールが便利です。各メーカーからライトタックル用の軽量な電動リールが出ていますので、チェックしてみるのもよいでしょう。

水深が深い=電動リールという話をしましたが、プロアングラーの村越正海氏は、海用の電動リールをあえて所持していないようで、著作でも相模湾のアマダイをスピニングタックルで狙う様子があり印象的です。

ブレーキ

バス釣り用のキャスティング主体のリールはブレーキが複数あり微調整できるのですが、船用のものはメカニカルブレーキのみが一般的です。

これは船用リールでは基本的にキャスティングは行わず、船下に落とし込む釣りが主体だからです。一部カワハギ釣りやカレイ釣りなどで下手投げによるキャスティングが行われますが、オモリの重量が十分にあるためバッククラッシュもしにくいわけです。

▶はじめての船リールの選び方

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」