2,708 views

この記事は約14分で読めます。

【東京湾では幻?】堤防から狙うカレイの釣り方と仕掛け解説

横須賀うみかぜ公園でマコガレイを釣った

晩秋から春の低水温期は、おかっぱりから投げ釣りで狙える釣り物も少なくなりますね。

この時期は船釣りに足がいきがちですが、堤防で多くの釣り人を魅了しているのがカレイです。

今回は種類によって食味では高級魚ヒラメをも凌ぐともいわれる、絶品のカレイ釣りについて解説します。

スポンサーリンク

東京湾で釣れるカレイの種類

カレイにも多くの種類がいますが、主に東京湾で釣られているのはマコガレイやムシガレイです。

東京湾におけるかれい類の漁獲量は、1970 年代まではイシガレイ主体
で、その後、マコガレイ主体となったと考えられている。1980 年代
後半~1990 年代前半に 1,000t を超える水揚げがみられていたが、
近年は 200t 前後で低迷している。

出典:https://www.pref.chiba.lg.jp/gyoshigen/sigenhyoka/documents/h27_mako.pdf

もともと東京湾の場合、1970年代まではイシガレイがとれていたものの、その後マコガレイがよく漁獲されるようになり、さらにマコガレイ自体も年々漁獲量が減り現在にいたります。

地域が変われば、イシガレイやマガレイ、ヌマガレイなどの釣り物もターゲットして狙われています。

マコガレイ( 真子鰈)

こちらは3月に横須賀うみかぜ公園の岸壁で釣れたもの

東京湾岸釣りのスーパーレアキャラ!マコガレイを釣った話|@横須賀うみかぜ公園

2018.04.03

マコガレイは、イシガレイのように体表に石状骨質版(石のようにみえる骨)を持たない魚です。

よく釣れるサイズは30cm~40cmほどですが、まれに50センチを超える大物も釣られており、これらの大型カレイはときに座布団カレイとも呼ばれます。

現在マコガレイは減少傾向で釣り人からは幻の魚とも呼ばれることもしばしば。

特に東京湾では何日も通ったやっと1枚ということもあります。

栽培漁業の観点から、自然環境における繁殖の研究と継続してのマコガレイの幼魚放流も行われていますが、資源量は目立っては回復していません。

参考:(公財)神奈川県栽培漁業協会によるマコガレイ放流

ムシガレイ(虫鰈)

ムシガレイは沖釣りのゲストとして水深100m程度の深場でも釣れる魚ですが、時期によっては岸釣りでも釣ることができます。

三崎港花暮岸壁 釣り 俺たちの釣り公式戦 ムシガレイ

こちらは12月に三崎港花暮岸壁で釣れたムシガレイ。

産卵直後と思われ、痩せている個体。

城ヶ島 釣り カレイ

こちらは5月に城ケ島岸壁で釣れたムシガレイ。

産卵後に餌をしっかり食べて、コンディションがよくなっていますね。

胃の中からは、イカの子供が何杯かでてきました。

スポンサーリンク

カレイ釣りの魅力とは?

寒い時期にじっと待つイメージのカレイの投げ釣り。

釣りをしない人から見ると、ただの苦行のようにも見えるその魅力はどこにあるのでしょうか。

ごく少ないカレイのアタリをとらえたときの喜び

まずあるのが、時合をとらえてめったにないカレイのアタリを感じたときです。

低水温期では、小魚などのエサ取りもすくなく、アタリ自体がほとんどありません。

そんな中、竿先にでるアタリは釣り人の心を躍らせます。

アタリが頻繁にないからこそ、1回のアタリが重要になるわけです。

待ちの釣りと思いきや攻めの釣りである(脳内ゲームがおもしろい)

次にあるのが、待ちの釣りという「静」の世界にある「動」の存在です。

釣れている人ほど、ただ仕掛けをなげて待っているように見えますが、そうでもなく、たえず脳内で算盤をうごかし、様々な攻め方を行っています。

スポンサーリンク

マコガレイ釣りのベテランがこだわっていること

釣り場と情報把握(場所で決まるカレイ釣り)

まず、カレイ釣りのベテランは、何月にどこの釣り場にカレイが回ってきそうだということを想定して動いています。

一方、毎年水温などの複合要素によってヨミはずれていきます。

このとき重要なのがネット情報だけでなく釣り仲間同士での情報交換です。

カレイを釣るためにはネット情報だけでなく、釣り仲間や釣り場でのコミュニケーションを密にするとよいでしょう。

【話せばわかる】釣り場コミュニケーションの効用、湾奥シーバスを釣りにいったついでに鰻釣り師と話しこむ

2016.11.04

カレイ釣り師は餌に投資する

どの釣りでもそうですが、エサは魚ともっとも近く接点があるものです。

釣れているカレイ釣り師ほど餌にコストを投資しています。

釣り餌 イソメ

初心者の場合、定番のアオイソメを半分つけたり1本つけたりということもありますが、ベテランの場合、状況をみながらアオイソメを盛大に房掛けしたり、高単価の岩イソメ(ニオイが強い)をまぜて集魚力を高める釣り方をしていたりします。

あるベテランカレイ釣り師にインタビューしたときに、こんなことを言っていました。

「房掛けのイソメをカレイが全部食べるとは思っていない。まず、岩イソメに臭いでカレイをよせて、アオイソメの房掛けの動きで口を使わせる。それと、水温が低くても小魚やヒトデはいるので、余計なものに餌を食べきらないように房掛けをするんだ。ベラなどの小魚がイソメをついばむ音は、カレイにも影響すると思う」

とのこと。

どうでしょうか。

水中のことなので、実際の真偽はわかりません。

一方、よく釣る人は、見えない海中の出来事について圧倒的に多くの想像力をもって釣りに取り組んでいるだなということを感じました。

岩イソメは抜群の集魚力によりフグなどの魚を集めてしまうこともしばしば。ベテランは、常にフィールドの状況を探りながら餌とつけ方にこだわっています。

投げる場所

カレイ釣りで有名な釣り場で、一見同じような地形と思われる釣り場でも、海底地形は異なっています。

また海底の状況は台風や潮の影響により毎年変わるため、ただ投げて待っているだけでは釣れません。

カレイをコンスタントに釣っているベテラン釣り師は、カレイの産卵場所やたまっている根回りやかけあがりなど、独自に練り上げた海底マップをもとに日々釣りをしています。

以前、釣り場でベテランのカレイ釣り師と話したとき、手帳をみせてくれたことがあります。

そこには、その釣り場の海底地形と根の位置が立体的に記されていて、さらに各ポイントで釣れたカレイなどの魚の匹数とサイズと年月日・潮周りなどが正確に記入されていて圧倒されたことを覚えています。

「兄ちゃん、もう5メートル右側で釣ったほうがいいよ。根がないから」などとアドバイスされて、やってみたところ確かにそこから根がなくビックリしました。

投げる距離

ベテラン釣り師は、ただ遠投するだけでなく遠近複数本の竿をだし、カレイと思われるアタリがでるポイントを調べ仕掛けの位置を微調整しています。

ポイントによっては遠投すると釣れず、30mほど投げて護岸基礎(根)の外側に餌を配置して待つというようなノウハウがあったりします。

仕掛けと餌のメンテナンス

福浦岸壁でヒトデを釣った

ただ投げて待っていると、いつの間にかヒトデや海毛虫などが針がかりしてしまったりします。

また、潮の流れによっては仕掛け同士がまつってしまっています。

そうした状況でカレイはまずヒットしないため、釣れているベテラン釣り師は、頻繁に仕掛けの位置を微修正し、一定時間で巻き上げ、エサをつけ変えて投げ直しています。

釣り場では、釣れている人の動きを見て盗むのが鉄則ですね。

マコガレイ釣りのポイントについて

マコガレイは砂泥底を好む魚です。

12月ごろに沿岸の浅場に集合し、翌1月中までを中心に砂泥地帯に産卵します。

秋にはこれらの産卵場所を特定して攻め、産卵中は夜間に同ポイント周辺を釣り、産卵後の春3月~5月ぐらいまでは沖合や周辺に分散する個体を狙います。

砂地が少ない地域の場合は、毎年特定の場所に数多くの個体が集結し、この釣り場は釣り人によって人気ポイントになり大変混みあいます。

具体的なポイントについては、釣具店や釣り雑誌・ネット情報でしぼりをつけつつ、最終的には独力で絞り込んでいく楽しみがあります。

天秤をつかった底釣りということもあり、底の根が荒い場所は釣りにくいので、釣り場で投げ竿を多く出している釣り人を探しつつ砂泥底を探しましょう。

カレイの仕掛けについて

アオイソメ房掛けのジェット天秤

天秤仕掛けが一般的

一番多く使われる仕掛けが天秤と2本針の投げ仕掛けです。

そのほかに胴付き仕掛けなどもありますが、投げ釣りでは天秤仕掛けをメインにつかうとよいでしょう。

針は軸にケンがついたものを選ぶとイソメがずれず魚を誘い続けます。

仕掛けの装飾は効果的なのか?

カレイ釣りの仕掛けには多くの装飾が施されているものもあります。

この装飾は人によって好みがあります。カワハギ釣り同様、派手なものほど食いがいいという釣り人もいます。

ある船宿の船長がこんなことを言っていました。

「仕掛けにビーズとかついてるでしょ。あれってほとんど意味ないと思うんだよね。どちらかというと人間が釣られてるんじゃないのかな。俺とか釣り鈎とハリスだけで釣れるし」

ビーズなどの装飾が多くされたものほど仕掛けの単価が上がります。

そのため、人によっては糸ヨレや針先がへたってしまっているのに、もったいなく思い使い続けてしまうこともあるのではないでしょうか。

カレイ仕掛けは装飾は一定の効果があるとは思いますが、そうした有無より、針のサイズや餌のずれを防ぐケンの有無やハリスの号数にこだわることをオススメします。または餌への投資配分を強化するのもよいでしょう。

たとえば釣り初心者にとっては、単価の高い岩イソメを利用するのは気が引けますが、筆者は集魚力が高い餌を使うことが最大の装飾でありPRに繋がると考えています。

一方、装飾類のなかには、エサを海底付近でやや浮かせ周囲から目立たせるという効果をもったものもあります。

カレイは基本的に底付近のエサを食べるとはいえ、濁った砂泥底において、底から少し浮かせて餌の視認性を高めることが釣果につながるということは十分あるかと思います。

自分が信じて投げ続けられる仕掛けを使う

どんな釣りでも、釣れると信じている仕掛けやルアーを使っていると比較的長時間集中力をもって釣り続けることができるかと思います。

低水温期のカレイ釣りの場合、アタリがほとんどありません。そのため、ときとして心が折れがちにもなります。

早く帰って自宅でぬくぬくしたい。

この釣りでは、いつの間にかカレイとの戦いではなく、自分の弱さとの戦いがはじまっていたりします。

釣り座で戦い続けるためにはどうしたらよいか。

これは、自分にとって信じられる仕掛けを用いて釣りをすることではないかと思います。やや胡散臭いですが、信じて投げ続けアタリを待ち続けることに集中することが、結果的に一番多くの釣果につながると筆者は思います。

仕掛けの自作をするベテランも多い

装飾等について言及しましたが、自分にとって最適な仕掛けが自作できるのであれば、それに越したことはありません。

全長や枝スの長さや号数、針の種類など、自分なりに納得できる仕掛けで釣れれば、釣れたときの喜びもひとしおです。

市販品は便利ですが、針だけもっと大きくしたくなったり、ハリスだけもっと長く・太くしたいなどと思ったことがある人は仕掛けの自作にもチャレンジしてみましょう。

<カレイの自作仕掛けの材料>

  • ハリス2~4号
  • スナップサルカン
  • 親子サルカン
  • ケン付きの針

親子サルカンをつかって根がかった際に先の部分だけ切れるようにしておけば、仕掛けの交換もスピーディです。

ジェット天秤は手前に堤防基礎や海藻があるところに効果的

堤防や岸壁から釣りをする際に、どんな釣り場でも足元10メートルから20メートル程度は根や岩礁に生える海藻(ワカメ・カジメ・ホンダワラ・アカモク類)エリアがあります。

投げ釣りをしていて、手前まで仕掛けを引っ張ってきたり、仕掛けを回収する際は、こういった根のエリアに仕掛けが根がかることもしばしばです。

こういったポイントではジェット天秤を使うことにより効果的に釣りを展開することができます。

ジェット天秤は、リールの巻き上げにともない、本体が回転し海中で上昇するように作られています。

手前に根がかりが多いエリアではジェット天秤を使うとよいでしょう。

オモリの号数は、竿の耐荷重や狙うポイントの距離、潮の速さで調整するため複数サイズもっておきます。

場所によっては点在する根もあります。根がかりも想定して余分に仕掛けをもっていくと安心して釣りができます。

ちょい投げ釣りの仕掛け=『ジェット天秤』と考えてもよし。ルアーロッドに合った組み合わせや使い方を紹介!

2018.09.08

市販のカレイ仕掛けの紹介

釣りにくいとはいえ、カレイは冬場の人気ターゲットです。

各メーカーから数多くの仕掛けが市販されているので一部を紹介します。

ちなみに筆者はシンプルで低価格のSASAMEの2本針仕掛けをよく使っています。

装飾の好み、針のサイズ、ハリスの号数などいろいろなラインナップがありますが、とくに段差針仕掛けは、虫エサを房掛けしやすくなるのでベテランのなかでも愛好家が多いようです。

カレイには人工餌ではなくアオイソメなどの虫餌を

虫エサが苦手な人もいるかと思いますが、人工エサでカレイを爆釣しているという話は聞いたことがありません。

ワームなどを虫エサと組み合わせてボリュームを出す技は知られていますが、それも食わせの虫餌があって成立します。

虫エサは、ニオイと細やかな動きでカレイの捕食を誘います。

本気でカレイを釣りたい人は、虫エサを利用しましょう。

虫エサが苦手な方は、医療用の手袋が意外と安価で便利です。素手でイソメなどをふれなくても済むので、苦手な人にはオススメです。

厳冬期は指無の防寒手袋と重ね付けするのもよいでしょう。

アオイソメのつけ方

アオイソメに代表される虫餌は、ちょんがけ、通し刺し、房掛けとありますが、とくにこだわりがない場合は、エサはケチらず房掛けにすることをオススメします。

理由は前述の通り、小魚などに虫餌がついばまれ、完全になくなるまでの時間を長くするためです。

カレイ釣りのタックル

狙ったポイントに到達できるオモリをかつげる竿の強さや長さにくわえ、アタリがわかりやすい穂先をもったものであればどんなものでもよいと思います。

完全に釣り鈎を飲ませてしまう考えであれば、アタリに気づかなくても問題ないでしょう。

筆者は9フィート強のショアジギングロッドをつかっていますが、それでもカレイは釣れています。

一方、飛距離が必要な釣り場や足場が高い場所、岸壁手前にテトラなどの障害物がある場所ではさらに長さのある投げ竿をつかったほうが釣りやすいでしょう。

自分がよくいく釣り場や釣り方のスタイルに応じてタックルを選択しましょう。

カレイはアタリがゼロでも耐え忍ぶ釣り

茨城県磯崎港 釣り 春カレイ狙い

秋からの寒い時期に釣れるカレイ。

1日やってもアタリがゼロということもよくある釣りです。

まず釣り場をしぼって投げはじめたあとは、最後には自分で信じて釣りづけることが結果的にカレイとの出会いを作ってくれると思います。

はじめは周りの状況をみつつ、最後は自分流を追求してみましょう。

明日は釣れるかも!よい釣りを!

関連書籍

関連記事

東京湾岸釣りのスーパーレアキャラ!マコガレイを釣った話|@横須賀うみかぜ公園

2018.04.03

季節は秋から冬へ。11月・12月に堤防で釣れる15種類の魚や釣り方・タックルを解説!

2018.11.02
<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!