この記事は約4分で読めます。

梅雨の時期(6月・7月)に海釣りでオススメの釣魚7選

元町港で釣れたイサキ

例年6月~7月になると、関東甲信、東海、北陸、東北などが梅雨入りしはじめます。雨がふることによってジメジメして外に出かけるのが億劫になりますが、魚たちは元気。この時期活性があがったり美味しくなる魚もいるので、雨対策をして釣りに出かけてみましょう。今回は6月~7月の梅雨の時期に海釣りで狙える魚を紹介します。

スポンサーリンク

マゴチは産卵で食いが悪くなる個体やタイミングもある

一之瀬丸・神奈川県金沢八景 マゴチ釣った

真夏に盛期を迎えるマゴチですが、梅雨時にも船や堤防から狙うことができる魚です。

関東であれば5月以降順次産卵に入る個体がでてくるため、状況によっては釣りづらいこともありますが、産卵に関連しない個体や産卵タイミングがずれている個体もいるため、6月~7月も釣ることができます。一か所で粘らずポイントを広く回ると、積極的に餌を食べる個体に出会う確率が上がると覚えておきましょう。

<岸釣り>

堤防や岸壁からマゴチを釣る方法・タックル・コツの解説

2018.07.01

<沖釣り>

▼釣り船やボートでのマゴチ釣り

東京湾のマゴチ釣り!初心者でも釣果を着実に伸ばすための釣り方を徹底解説!!

2018.04.11

▼ルアーを使ったマゴチ釣りのノウハウ

【釣りは名手に訊け!】人気上昇中のルアーマゴチ実釣解説@金沢漁港・相川ボート

2018.12.04
スポンサーリンク

マアジは産卵シーズン。脂がものすごくのっている

LTアジ釣りの釣果

マアジは毎年5月から7月に産卵シーズンを迎えます(関東近海)。この時期に特に脂乗りがよくなるため食味としても最高です。

沖釣りではビシ仕掛けで底付近のアジを終日釣ることができます。

岸釣りの場合は朝夕のまずめ時もしくは夜間を狙い釣行しましょう。水温もあがり活性も上がり、潮も濁るため比較的釣りやすいシーズンです。

【保存版】食味最高!初心者でも釣れる!東京湾ライトアジの釣り方解説

2018.01.18
スポンサーリンク

イサキは離島であれば夜釣りで岸釣りが面白い

元町港で釣れたイサキ

イサキは「梅雨イサキ」と呼ばれるように、初夏に産卵シーズンをむかえ脂がのり身も厚くなります。食べ方は刺身が一番。関東では沖釣りで、離島では堤防での夜釣りがおすすめです。

沖釣りの場合はアミコマセを撒き餌にしたウィリー仕掛けが一般的。群れにあたると数釣れるので追い食いを狙ってみましょう。

岸釣りの場合は夜間に岸壁際に接岸してくるものを浮き釣りやサビキ釣りで狙います。離島で釣れるイサキは30cm近い個体も珍しくなく、数が釣れるので楽しいターゲットです。ある程度群れがよっていればコマセをまかなくてもオキアミの刺し餌だけでも釣ることができます。ジグヘッドリグのライトソルトでも狙っても楽しいですよ。

<沖釣り>

▼イサキを数釣るためのノウハウ

7月・8月に船釣りで釣れる魚と釣り方まとめ(イサキ・根魚五目釣り)

2017.07.07

<岸釣り>

▼梅雨時の伊豆大島の夜釣りでイサキを釣る話

いいか、梅雨時に伊豆大島へ釣り遠征にいくとこうなるぞ!!!!!!!!!

2018.06.27

シロギスは大型の個体が狙える

釣ったシロギス

シロギスは体力がある大型の個体からより浅場に展開して餌をとります。

大型のキスほど盛夏までに釣れることがしばしばです。シロギスは視覚的に餌を認識して食餌する傾向が強く、濁りが強いときには一時期的に餌を発見しづらくなり、アタリが遠のく魚です。できるだけ潮が澄んでいるときに狙うとよいでしょう。

<沖釣り>

釣り船やボートで狙うシロギスの釣り方を解説

2018.04.07

<岸釣り>

20センチ以上のシロギスを陸から釣るのは4月・5月・6月がオススメ!

2018.06.05

ルアーロッドでお手軽に。堤防からちょいなげで狙うシロギス五目釣りを解説!

2018.05.02

イシモチは濁りが出るときによく釣れる

シログチ(イシモチ)

イシモチは水温が低い季節は濃い群れで固まっていますが、水温があがると浅場に展開しはじめます。このとき水がやや濁っていたほうが餌を食いやすいので、梅雨の雨後などはオススメのタイミングです。

6月から7月であれば水深10m以内の浅場のちょい投げでも簡単に釣れます。

<釣り方>

【必見】イシモチの釣り方解説。上手な血抜きと保冷で極上の味に

2018.04.13

梅雨のアナゴは数釣りが可能

八景島シーパラ対岸でアナゴを釣った

梅雨時のアナゴは「梅雨アナゴ」と呼ばれ食味の点でも旬とされます。大型の個体よりは小型の個体が数釣れるシーズンで浅場のおかっぱりのちょい投げ釣り等でもアタリも出やすいのでビギナーにもオススメの釣り物です。

<釣り方>

【保存版】アナゴの釣り方と餌・仕掛け・料理レシピを解説

2017.12.05

タコも小型のサイズがあがって数釣りもできる

マダコ

マダコの産卵シーズンは地域にもよりますが8月後半~10月です。前年に生まれた個体が梅雨シーズンではひと潮ごと(約15日)に大きくなると言われ7月以降はすこし大きくなったマダコを数釣りすることができます。ビギナーでも比較的簡単に釣ることができるのでぜひ狙ってみましょう。

<沖釣り>

船タコ入門マニュアル。テンヤでのマダコの釣り方のコツ・タックル・仕掛け徹底解説!

2019.06.05

※陸釣りの場合、マダコは共同漁業権の対象になっていることがほとんどです。釣行するエリアのルールをしっかり確認してから楽しみましょう。

関連記事

梅雨にオススメの釣魚4選(淡水編)

2019.06.12
<お知らせ>
☀【釣り具半額】楽天スーパーセール開催中!6/11・1:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!アウトドア商品がお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!