440 views

この記事は約5分で読めます。

ORETSURIグッズの販売について

ORETSURIパーカー

ORETSURIは、オレツリと読みます。

古代ギリシャ語で、「もっと俺に魚を釣らせてくれ!」という意味です。

アレクサンダー大王と呼ばれたアレクサンドロス3世は、大の釣りバカでも知られています。

大王は各地を転戦するなかで降伏した敵将兵の首をかけて、土地ごとの釣魚のサイズを競って釣りをしたそうです。

一方、大王たるもの現代のわたしたち同様、釣りばかりしてもいられなかったようです。

大王はしばしば従者に釣行をいさめられていたようで、当時を語る古文書には、アレクサンダー大王が「オレツリ!」と頻繁に嘆いていた様子が描かれています。

「もっと俺に魚を釣らせてくれ!」といっていたんですね。

勇ましい大王のエピソードにしてはなんとも微笑ましい。

というのは、嘘です。

そんなに怒らないでください。魚が逃げますよ。

ほんとうのことをいうと、ORETSURIは、もともと「俺たちの釣り」の略称として名前をつけました。

ORETSURIは、釣りを極める人を応援するというよりも、釣りを通して人をワクワクさせることをテーマとしたメディアです。

わたしは、読者のみなさんの釣りもふくめて、俺たちの釣りだと思っています。
「俺」だから男性だけを対象としているわけではありません。

女性も、なんとなく「俺」とか「俺たち」とか言いたくなると気がありますよね。
ですので、性別を構わずORETSURIです。

今回、そんなORETSURIのグッズをつくりました。

 

誰に買ってほしいというよりも自分でほしかったからです。その次に、みなさんが買ってちょっと儲かったらうれしいなと思ったからです。

今回の販売は、SUZURIというGMOペパボさんの便利サービスで簡易的に用意したものです。このアイテムが売れるとほんのすこし、手数料がもらえます。

たとえばステッカーが売れると、約100円もらえるように設定してあるので、なんとわたしの好きな牛乳プリンを買うことができます。こりゃすごい。便利でワクワクする時代だなー。

今後またアイテムの製造と販売の仕方は考えていきます。ドラゴンスレイヤーや雨雲の杖、巨人の小手ならぬ巨人のリールみたいなタックルを作って販売したいなとも妄想したりします。

ということで、もしご興味があったらORETSURI釣具店をのぞいてグッズを買ってみて釣場にいってみてください。

ステッカーは武骨な日本語なのでノートPCに貼っておくと、けっこうインパクトがあると思います。

出典:SUZURI

商談中に、「釣り好きなんですか?」とか、
「あ、俺釣!」「今度釣りいきませんか?」という話題づくりになるかもしれません。

釣りという趣味は企業においての決裁者がたしなんでいることが多い趣味でもあると思います。

サザエさんでも、磯野波平が釣り好きですよね。あのおっさんが決裁者かわからないですが、まー家長という意味では決裁者なのかもしれません。

ステッカーをクーラーやタックルボックスに貼ってみるのもいいかもしれませんね。なんだか釣れそうな気がしてくるかもしれません。でも、それは、気のせいで貼ったからといって釣れません。ORETSURIを読んだからといって釣りがうまくなるとはかぎらないのと一緒です。

釣り具屋さんや船宿の方は、もーどんどんペタペタ貼ってください。

そうこうしていると、

もしかして、釣り場でアレクサンダー大王と同じように
「もっと俺に魚を釣らせてくれ!」
という主張をしている人にであうかもしれません。

そういった方には、すすんであいさつしたり話しかけてみてください。

「あ、ORETSURI」

これだけでOKです。

安心してください。このグッズをもっている人は、だいたい、いい人です。釣り場にゴミも捨てないはずです。

わたしが保証します。

ORETSURI釣具店はこちらからどなたでも入店できます。

いつもあなたのそばにいるメディア
ORETSURI – 俺たちの釣り
https://oretsuri.com/
平田 剛士


<お知らせ>

🎣あなたもフィールドレポーターとしてORETSURIに寄稿してみませんか?

🌄<PR>ロッドとリールはAmazonが安い

いいね!と思ったらシェアしよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!